kiri blog

森と風+墨アート、無事終了しました。

無事終了、というのは、何事もなく安全に、ということですね。

比較的安全な地域ではありますが、日が長くなるこの時期は少し安心です。

うつわの展示をする際は、地震が無いように、と祈る日々です。

今回は壁にも作品がありましたから、それが落ちたら大変なことになると、

万全を期して配慮して展示を終えました。

何度も申し上げていますが、今回は5回続いた森と風に新風を、ということで

壁面に坂本沙於里さんの書と抽象表現のBeingシリーズを飾りました。

坂本さんのほぼ無彩色の作品と、白磁と切子が大変良くマッチして

アトリエ木里の空間を完全なかたちにしてくれました。

 

アトリエ木里はホワイトキューブでもなく、お店という感じでもなく、

普通の家を舞台にして、ちょっとだけ暮らしにプラスアルファーを、と提案するギャラリーです。

こんな風なテーブルセッティングはいかが? とか、

この花器にはこんな風な花あしらいはどうでしょう、とか

こんな壁にも絵を掛けられますよ、とか。

例えばデパートの食器売り場でお皿を買って家に持ち帰ると

あれ、と思うくらい大きさの感じが違うことがありませんか。

アトリエ木里は展示しているところが既に普通の家なので、

多分そのギャップは少ないと思います。

また在廊して下さる作家さんと直接お話が出来ると言うことも、

ギャラリーの楽しさでもあります。

 

アトリエ木里のいいところはそんなところです。

しかし、普通の家だけに、ロケーションは住宅街。

歩いて5分とはいえ、私鉄のローカルな駅前の商店街をはずれ、道路を渡ったところにあります。

近くにおいしいお店もありません。

それなのに、アトリエ木里の展示を観るだけのために、

足を運んで下さるお客さまには、本当に感謝しています。

今回もSNSで知って、という方にも何人かお越し頂き、

また坂本さんのお知り合いの方が、蒲田切子や白磁にも興味を持ってお買い上げ下さったり、

逆に蒲田切子のお客さまが、坂本さんの作品に感動してお買い上げ下さったり、

ギャラリ—として嬉しいこともたくさんありました。

 

けれども、集客は常に難しい。

いつも新鮮な企画と、ハッとするようなDMやらSNSなどの効果的な宣伝。

あちこち足を運んでの営業!など、全力を尽くしてやっているつもりですが、

とっても難しい。一人だとできることも限られてしまいます。

毎週違う展示をやっているギャラリーはどうやっているのかしら、といつも不思議に思うのと、

きちんと集客していることのすごさに感嘆します。

 

ぼやきましてごめんなさい。

お察しの通り、今回の展示は素晴らしく良かった、にもかかわらず、

様々なことで至らず、お客さまは本当に少なくて、毎日悶々としていました。

もう6回目の企画、いくら新しい方に入って頂いても、

毎年行なうことにも無理があるのでは、とも考えました。

確かに、アトリエ木里の企画展、すべてに見直しの時期が来ています。

アトリエ木里が最も大切にしているこの企画展も一段落させて、

一年お休みし、隔年企画にしようかとも考えています。

さて次はアーティストのTシャツ展。

また今年は新しい作家さんも加わって、楽しい展示になりそうです。

10連休明けで、お疲れのことと思いますが、ぜひごらん下さい。お待ちしています。

また次の機会にご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

2019.04.17 Wednesday|-|by アトリエ木里


森と風と墨アート、今日最終日は18時までです。

おはようございます。

森と風と墨アートも最終日を迎えました。

これほど美しく整った展示は、アトリエ木里でも早々出来ません。

蒲田切子と静風舎の白磁。ふたつの質の高い工芸と、

坂本さんの斬新な墨の世界がぴったりとマッチしました。

どうぞアトリエ木里の空間をお楽しみ下さい。

今日はいいお天気。お待ちしています。

 

 

 

 

2019.04.14 Sunday|-|by アトリエ木里


あと3日です。どうぞ森と風+墨art ごらん下さい。

今までの森と風(フォレストの蒲田切子と静風舎の白磁)に、坂本沙於里さんの墨アートが加わって、

アトリエ木里が 素敵な空間になりました。この機会に是非ごらん下さい。

 

メインのテーブルは蒲田切子と静風舎の大田区限定コラボ作品など、さわやかな

ブルー&ホワイトの世界です。

 

蒲田切子の定番中の定番、風波、渦紋、水鏡はデザイン、品質ともに秀逸です。

大切な方へのおくりものにも海外へのお土産にも大変喜ばれています。

 

奥の部屋には静風舎の白磁の世界。

今年はいつもの釉薬の白磁の他にマットな白磁もご覧頂けます。

 

坂本沙於里さんの墨アート。切子に合わせてブルーの顔料も使っています。

 

夕方になると、和室の障子が幻想的な木々の影絵に。

書と白磁が和の良い空間を作っています。

 

夜になると照明が活かされて、落ち着いた居心地のいい場所に。

 

ぜひぜひごらん下さいね。

お待ちしています。

 

2019.04.12 Friday|-|by アトリエ木里


今日はおいしい木里の日!

今日はおいしい木里の日もあるんです。是非展示をご覧になってこちらもご利用下さい。

2019.04.07 Sunday|-|by アトリエ木里


森と風+墨アート始まりました。

4月になれば彼女は〜という曲がありますね。

4月になればアトリエ木里は〜

とっても明るくて、花壇には花が咲いて、その花を木里に活けて、

うつわたちは自然光の中でうきうきしていると思っちゃうくらいいい感じに存在しています。

ぜひぜひごらん下さいね。下手な写真では全然伝わらないこの感じ。

 

坂本沙於里さんのアートが美しい工芸の世界とぴったり息が合っていい空間を作っています。

ここは初夏のテーブルですね。

 

今まで壁面に何も無かったのが不思議なくらい。テーブルの上も紺と白で統一、さわやかな風です。

 

和室にはこんな書が。「無一物」。とっても良い部屋になっています。

 

ぜひぜひアトリエ木里でごらん下さい。

お待ちしています。

 

2019.04.06 Saturday|-|by アトリエ木里


錬星者の仕事展 無事終了、次は蒲田切子と白磁、そして墨アート。

3月の展示の残務がようやくすべて終わりました。

作品を梱包し、慎重にダンボールに詰めるのですが、いつもとても心配なので、

搬入で開ける時に出来るかぎり覚えておこうと写真を撮ったりしますが、

飾り付けが終わり、会期が始まり、お客さまをお迎えして販売して一週間が過ぎると、

なぜかどういう風に入っていたか全部忘れてしまいます。

それに売れてなくなるものもあるから、元通りというわけにも行かず、

ドキドキしながら詰めて行きます。

その作業をゆりの木の井口さんが手伝って下さったため、暗い気持にならず、

半分の時間で作業を終えることが出来ました。

本当に井口さんにはお世話になりました。ゆりの木のお客さまを大勢呼んで下さったり

初日の忙しい時もすっかり作品を包む仕事をして頂き、その上搬出まで手伝って頂きました。

何とか搬出が終わり、お金の計算もして、またお電話やメールでの注文の品もお送り出来て、

ようやくほっとしたところです。

 

今回はゆりの木さんからのご紹介で、初めての作家さんでしたので、

ちゃんとお客さまをお呼び出来るかとても心配していましたが、

錬星舎さんのファンの方も大勢来て下さったし、インスタグラムでご覧になった方も、

通りすがりに入って下さった方も何人か来て下さいました。

皆さんお気に入りのひとつを見つけられて、お買い上げ頂きました。

新しい作家さんの作品とお客さまの出会いの場になれて、本当に嬉しかったです。

来年も錬星舎の仕事展を行ないます。

またひとつ買い足したい、という方、今回はどうしても来られなかったという方、どうぞお楽しみに。

 

さて次回はもうすぐそこに来ています。

『森と風と墨art』は来週の土曜(4月6日)から始まります。

地元大田区の誇り、蒲田切子のフォレストさんと本当に美しい白磁作品を作られる副島ご夫妻の静風舎の展示に、

坂本沙於里さんの墨による表現が加わります。

うつわだけだと、どうしても壁面がもったいない、次の時は絵画やなにか、壁面を飾る作家さんを探して頂けたら、

と提案してくれたのが、フォレストの鍋谷さん。

しかし、カラフルだったり、可愛かったりすると、ちょっと森と風には似合わないな、と、

思いついたのが水墨画や書。

たまたまみていたインスタグラムでこの方の作品が良い!と出会ったのが、坂本沙於里さん。

本当に素晴らしい墨によるアートと現代的な書も是非ごらん下さい。

伝統の技術を確実に持っている方が、新しい感覚の作品を作るという、

『森と風』の二つの工房に共通する、和と洋、伝統と新しさ。

伝統とモダンが融合する蒲田切子と白磁の世界と

日本の伝統である書道に裏打ちされた、墨による抽象表現、そして現代的な書が

アトリエ木里をとても素敵な空間にしてくれることを確信しています。

 

 

どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

2019.03.30 Saturday|-|by アトリエ木里


クレジットカード使えるようになりました。

とりあえず、カードリーダーが届いて、従来の通り使えるようになったはずです。

よろしくお願いいたします。

今日は最終日、午前11時から午後8時まで営業しています。

しかもおいしい木里の日も11時半から午後4時まで開催しています。

 

美しく、楽しく、力強い、ガラスの本格的な個展は今回が初めてですが、

この機会に是非アトリエ木里でごらん下さい。

もしお気に入りの作品が見つかったら、お声をおかけ下さいね。

心よりお待ちしています。

 

 

2019.03.24 Sunday|-|by アトリエ木里


錬星舎の仕事展、後半に入ります。

いよいよ後半に突入した錬星舎の仕事展。まだまだ良いもの沢山あります。

ガラスの写真は難しく、上手くご紹介出来ないのが悔しいですが、

とりあえず、こんな感じです。是非アトリエ木里でホンモノをごらん下さい。

 

大人気、ビールが格別旨いという、ヘログラスは池上直人さんの作品。

ヘロヘロした形だからヘログラスだそうです。

 

西村由美さんのガラスの飯碗。なかなか可愛いです。

 

とろけるガラスをようやく形としてこの世に留めた、みたいなサラダボウル。

もちろん池上直人さんの作品。

 

西村由美さんの何ともアンティークな雰囲気のグラスやカップも人気です。

 

錬星舎の花瓶はとても活け易く、想像力をかき立てられます。

 

こちらも、一輪挿しながら大変持ち重りがし、安定感と存在感がすごいです。

 

手前は西村由美さんの梅グラス、中央の小鉢は井上直人さん。細かい気泡がおしゃれです。

池上さんのランプスタンの明かりがとってもすてき。

照明を落とした夜のアトリエ木里もなかなか良いですよ。

今回は毎日夜の8時まで営業しています。

 

2019.03.21 Thursday|-|by アトリエ木里


DM記載ミスのお詫びと訂正、それとしばらくクレジットカードが使えません。

今までDMを作って来たなかで最大のミスをしてしまいました。

時間帯の記載ミスです。

11時〜18時が、平日の時間帯となって、13時〜20時が土日祭日の時間帯になってしまいました。

けれども通常どおり、土日祭日が11時〜18時、

平日は会社帰りにも立ち寄って頂けるように13時〜20時です。

 

ホームページやSNSをご覧にならない方も当然多くいらっしゃいますので、

出来るだけ全日11時〜20時まで開けているつもりです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

それともうひとつ、しばらくクレジットカードのお取り扱いが出来ません。

カードリーダーのトラブルで、新しい製品を購入をしましたが、まだ届いていないのです。

申し訳ありません。

 

 

さて錬星舎の仕事展ですが、昨日は大勢のお客さまがお見えになり、

とても賑やかでした。来て下さった方々には心からお礼申し上げます。

と言うわけであまりいい写真ではありませんがまずはご紹介します。

 

 

2019.03.17 Sunday|-|by アトリエ木里


いよいよ明日から錬星舎の仕事展

 

大きなダンボールが6個。その中に、

これでもかというくらいの量の新聞紙に安全に包まれた大切な作品たち。

ものすごく上手な、きれいな梱包にびっくりでした。さすがですね。

展げて見るとこんなに沢山あったのね、とまたびっくり。

それなのに梱包を解いたあとの新聞紙をダンボールの戻すと、

蓋がなかなかしまらないという不思議。

とりあえず、全部出して、テーブルに並べてみたら、やはり濃い色のクロスがいいかな。

電車で10分のユザワヤでガラスが映える色の麻布があったので、即買いました。

いい感じですね。

他にもいろいろなテーブルにそれぞれの個性を持たせて作品を配置しました。

布を選んだり、並べたり、花を生けたり、あっちへ行ったりこっちへ来たり。

脚立に登ったり、テーブルの下にもぐったり。

重労働で大変だけど好きな仕事です。

まだ違う、こうしたら良いかな、とずっと迷って。明日の朝もう一度、見直します。

明日は11時〜18時です。17時くらいから、opening party。

初日2日目は作家さん在廊日です。是非、作家さんにお会いになって下さいね。

いろいろお話を伺えると楽しいです。

心からお待ちしています。

順次写真を撮ってアップしていきます。

明るい昼間に撮りたいので、すみませんが今日はこれだけ。

 

 

 

2019.03.15 Friday|-|by アトリエ木里



profile

selected entries

archives

links

search this site.

others