kiri blog

田口輝彦さん

早いもので、猫展まであと1週間。アトリエ木里は今年初めての展示です。

ギャラリーは長い間お休みでしたが、他のギャラリー廻りやら先の企画やら、

なんだかんだ忙しく働いておりました。

ところで、下の写真、私がたまたま立ち寄った、神楽坂のギャラリーで出会った作品のポストカード。

これは絵じゃなくて立体作品なのですよ。

中世ヨーロッパに舞い戻ってしまったような、猫たち。

リュート、ハープなどの古楽器の音色が聞こえて来るような楽しくて不気味な展示でした。

私はこの不気味さ(失礼!)が大好き。猫たちの物語の中に引きずり込まれてしまいます。

ただ可愛いだけじゃないのが売りの木里の猫展に、ぜひご参加頂きたく、お誘いいたしました。

この作家さんは田口輝彦さん。

アトリエ木里のあちこちにこの大きな猫たちが立っていてくれたらなあ、という思いが、

あと一週間で叶います。みなさまもどうぞお楽しみに。

田口輝彦さんのホームページを見ると作品の写真が沢山出てきます。

エッセイも大変面白いですよ。

 

 

2017.02.10 Friday|-|by アトリエ木里


木里の猫展開催中のイベント

こちらをご覧ください。

2017.01.22 Sunday|-|by アトリエ木里


山口マオさんがあなたの愛猫の絵を描きます。

猫展会期中、イベントがもう一つあります。


山口マオさんがあなたの愛猫の絵を描きます。
2月25日(土)12時から(16時受付終了)
あなたの愛猫の写真をプリントしたものをお持ち下さい。
費用 ¥5,000(1枚)

 

特別価格で山口マオさんがお宅の猫ちゃんの絵を描く、ライブペイントのイベントです。

*お持ちになる写真はスマホやタブレットなどの画面でなく、必ずプリントアウトした(紙の)写真でお願いします。

ご希望があればマオ猫とのコラボも可能です。

 

楽しいイベントになりそうです。

お楽しみに。

2017.01.20 Friday|-|by アトリエ木里


佐藤恵美さんのメゾチントワークショップ。

いよいよ、猫展まで1ヶ月を切りました。

猫展の間、DMにも載せましたが2つのイベントがあります。

まだDM出していないのに何なのですが。ニュース欄をスクロールして下さると、

おいしい木里の日の下に猫展のDMが上げてあります。

 

一つは佐藤恵美さんのメゾチントのワークショップ。

木里の猫展でおなじみの、銅版画家の佐藤恵美さんが今回ワークショップを行ないます。

メゾチントという緻密な表現の出来る、版画の技法で製作します。

とても大変なところは佐藤恵美さんが用意して来て下さいます。

お申し込みはアトリエ木里までメールでお願いいたします。

 

  atelierkiri@gmail.com

 

 小さな銅版画をつくろう!

 銅版画メゾチント技法の体験制作です(画面サイズは6×7.5センチ)。
<日程> 2月19日(日)  ※先着5名様まで。
<時間> 13時30分〜(大体3〜4時間程度)
<費用> ¥3,000 (材料費込み)
<持ち物> 画面サイズ6×7.5センチに納まる下絵(縦横自由)
<その他> 材料・道具はすべて用意します。油性インクを使うので、万一に汚れても大丈夫な服装でご参加お願いします。

 

 

2017.01.20 Friday|-|by アトリエ木里


新年おめでとうございます。2017年もよろしく。

年賀状の絵は世の風潮に流されず、自分の方向を見極めている、という変な風見鶏を

描きました。風見鶏は風の方向を知らせるのが仕事ですが、

この時代それぞれてんでんばらばらな方向を指していてもだれが困るのでしょう。

いろいろご意見はあるかもしれませんが、

悪い風には思い切って逆らうのもいいのではないでしょうか。

 

大晦日に久しぶりに紅白歌合戦を途中から座って観ていて、

イエモンのジャムに涙した私ですが、

実は大竹しのぶさんの愛の讃歌にも圧倒されていました。

大晦日とお正月の支度を超特急でこなし、

ほっと座って9時過ぎからコタツに入ってみかんを食べたりしながら

実はあまり片付いていない室内で、でもあちこち隅々は見ないことにして、

変化もありいろいろ落ち着かなかった2016年を見送りました。

 

年の暮れ、ご近所のギャラリーhasu no hanaで行なわれた

正月飾りのワークショップで輪飾りを作りました。

講師の中村美之先生に、いろいろ正月飾りの意味をお話し頂き、

まずは稲藁で縄をなうところからはじまり、あわじ結びの結び方などを教わりました。

沢山のおしゃれな花や実の材料を用意して下さり、楽しく夢中になって作りました。

気忙しい暮れに、しなくてはならないこと、やり残したこと、用意するべきことなどを全部忘れて、

手を動かして着地点のある仕事をすることは、なんという良い時間だったのでしょう。

家にいて暮れの仕事に追われている時とまったく違う脳を使って、その血流をよくしたことで、

(気分転換というのはこういうことなのね)

また新たに暮れの忙しさに立ち向かう勇気を持つことが出来ました。⬅大げさです。

何かを習うということは、それに伴い初めて知ることがたくさんあります。

玉結びや縄作りだけでなく、正月飾りの意味など、

世の中は私の知らないことで満ちているんだなーとあらためて感じました。

 

興味のある方のもの作りのとっかかりとなるためにも

またそれぞれの深い世界を垣間みるためにも、

アトリエ木里でも、これからも様々なワークショップを行なって行きたいと思います。

 

私自身もこれからもいろいろなことに興味を持ち、

自分の知らない、広く、深く、高く拡がる世界を少しでも多く知って、

仕事に生かし、また人生を豊かにしていきたいと思います。

 

さてアトリエ木里は今年は1月22日のおいしい木里の日に始まり、

2月18日からは木里の猫展です。

今年もぜひ

アトリエ木里をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.01.03 Tuesday|-|by アトリエ木里


おくりもの展終了しました。そして迂闊にも風邪ひき。

私は風邪を引かないことにしている、と豪語していたのに何たる不覚。

10月のや・ゆ・よ・展から、約20日に一回展示を行って来て、会期は9日間、だから単純に考えても間が11日しか無く(搬入搬出を考えたら、8日くらいかな)結構ハードでした。その間にも先のことも考えなくてはならないし。

でもなんとか無事に3つの連続展示を終わり、走るのを止めた途端、背後から風邪が追いついて来て、がつんと一撃を食らいました。

そういえば、咳など30年近く出たことが無かった。ような気がします。

声が1オクターブも下がり、その変化を楽しんでいましたが、やっと咳が収まって来ました。

自分の歳のことも考えなくてはなりませんね。ムリハキカヌノダ、、、。

 

おくりもの展無事終了しました。

今回は陶芸家が中尾雅昭さんと酒井泉さんのおふたり。それにいつものがま口の関さん、時計の明・衣さん、銅版画のアクセサリーで参加して下さった、おさのなおこさん、お洋服でおなじみの池嵜智子さんにはブローチとリースという布もの、丸山萌さんのビーズ刺繍アクセサリー、はざまよいこさんのガラスペンダント、高橋安子さんの陶人形。リュッカのフルーツケーキとクッキーボックス。

マンマミーアのコンフィチュールなどなど。

来て下さったお客さまはほとんどお買い物を楽しんで下さいました。アクセサリーが豊富だったこともあって(酒井さんの金彩のブローチや帯留めもありました)いろいろ悩むのは楽しいんですね。

おくりものということを意識して企画しましたが、それでもご自分へのおくりものに、という方が一番多かったかな(笑)。

土日はまあまあでしたが、平日はもう止めたくなるような日もありました(汗)。

今回初めての作家さんが、木里のお客さんは、皆さん買う目的で来て下さるから、いいですねーとおっしゃってましたが、

ちがうんです、人通りの多いところではないので、ふらりと買い物ついでに入って下さる方が少ないのです。

そういえば靴も脱がなくちゃならないし、何やってるのか表からよくわからないし、入るのに結構勇気がいるのかな、とも思います。

ところが、3回連続で展示を行なった成果か、ここのところ案外ふらりと入って下さる方が多くなりました。

これは本当に嬉しいことです。少しずつ、地味に地味にですが、地域で知られていくのがわかります。

 

作家さん達との親睦会、会期中の在廊日、片付けのあとのティータイムなど、作家さん方もとても仲良くなって、何だか女子会的な乗りもあり、楽しく過ごしました。グループ展のよいところは,作家さん方の横の繋がりが出来ることでもあります。

良い展示が出来て、しばらくは養生して、次は1月22日のおいしい木里の日、そして2月の18日からはお待ちかね木里の猫展です。

どうぞよいお年を。

とはいえ,また投稿するかもしれませんね、猫展のことなど。

 

 

2016.12.17 Saturday|-|by アトリエ木里


おいしい木里の日そしておくりもの展最終日

今日は11時半からおいしい木里の日ですが、12月3日からの木里のおくりもの展の最終日でもあります。

まだまだ沢山いいモノがあります。今日あたりクリスマスのおくりものを、と考えていらっしゃる方、

ぜひお出かけ下さい。フルーツケーキやクッキーは完売しましたが、

他にもおいしいRakudaのパンやリュッカの焼き菓子なども販売します。

お待ちしています。

おいしい木里の日は11時半からですが、アトリエ木里は11時から開店します。

よろしくお願いいたします。

 

2016.12.11 Sunday|-|by アトリエ木里


おくりもの展今日明日までです。

木里のおくりもの展、ついに今日明日でおしまいです。

写真をupしましたが、まだまだいろいろ楽しい、すてきなおくりものが沢山。ぜひお出かけ下さい。

お待ちしています。

 

2016.12.10 Saturday|-|by アトリエ木里


木里のおくりもの展 始まっています。

木里のおくりもの展、とても盛りだくさん。作品数が多くて、本当に楽しい展示になりました。

写真でご紹介しますが、ぜひアトリエ木里でご覧いただけると嬉しいです。

ご夫婦でお互いにプレゼントしあう方、また、家族の集まりの交換プレゼントに、などなど、

多くのお客さまにお楽しみ頂いています。

入ってすぐは池嵜智子さんのリース、ブローチ、コースターが並んでいます。

このニワトリのブローチがおしゃれ。来年の干支はニワトリだしね。

部屋を見渡せば、中央のテーブルにはおかし、コンフィチュール、ガラスのペンダントやビーズ刺繍のアクセサリー。

それに中尾雅昭さんのきれいな色のうつわ。奥には酒井泉さんの絵のようなうつわ、おさのなおこさんの版画のペンダントやブローチ。手前には、高橋安子さんの陶人形。

丸山萌さんのビーズ刺繍アクセサリーはものすごく手が込んでいます。

はざまよいこさんのガラスのペンダントトップ。美しいです。

高橋安子さんの陶人形は独特の世界観。

そして、明・衣さんの手作り時計が沢山沢山。いろいろな種類からお選び頂けます。

壁には明・衣さんの革の手縫いの鞄。使うほどに味わい深くなるそうです。

おさのなおこさんの銅版画のアクセサリーに近づいてみました。

この什器もおさのさんの手に拠るもの。

もっとグググーッと近づいてみます。絵がそのままガラスの中に閉じ込められたアクセサリー。

本当にすてきですよ。

奥の部屋には関理沙さんのがま口。中の生地がとても可愛いけど、それは使う人だけの楽しみに。表は革製です。

同じ部屋に中尾雅昭さんの使いやすいうつわがいろいろ。どんな料理を載せようかな、と想像力がかき立てられます。

白黒の森の柄のうつわはなんてモダンなんでしょう。しのぎのマグカップも好評です。

和室は酒井泉さんの世界。ちゃぶ台には猫型のブローチも。やさしいピンク、グリーン、それに金彩。

センスの良さを感じます。

藍染めの布の上は酒井さんの世界が広がります。奥のやさしい色のスープカップに癒されます。

まだまだ載せきれませんがいいモノが沢山です。どうぞご覧下さいね。

心よりお待ちしています。

2016.12.05 Monday|-|by アトリエ木里


リュッカのフルーツケーキ

今年はスロウパンのシュトーレンが無くて、残念ですが、

リュッカのおいしいフルーツケーキとクッキーボックスがあります。

厳選された材料で丁寧に作られています。

こちらもぜひお楽しみに。

2016.12.02 Friday|-|by アトリエ木里



profile

selected entries

archives

links

search this site.

others