kiri blog

ミナ ペルホネン、父下林教生の仕事展

1月は居座り、2月逃げる、3月は去る、などといいますけどね、

居座っているはずの1月もどんどん去っていき、気づけば末日。

複数の仕事を並行してやっているので、どれも終わらず、先が見えず。

一つは確定申告の準備、もうひとつは父、下林教生の仕事展の準備。

4月以降の展示の枠組みなどなど。少しずつ終わっているはずなんだけどね。

一見して暇にしているような展示のない月も、結構いろいろあります。

しかも、パソコンを新しくしたため、なんとなく慣れなくてやりにくい。

けれども、時間の融通がきくのがありがたく

いい展示も観に行くことができました。

 

現代美術館で開催中の

ミナ ペルホネン「つづく」の展示は大変な刺激となりました。


勇気付けられるような、また仕事がしたくなるような、

また絵筆を持ってみたくなるような、そんな展示でした。
歳なんて関係ない、やりたい時ができる時だ、と思えました。

「スタッフ募集年齢制限100歳まで」に応募しちゃおうか、

と思うほど、いい仕事展でした。

一緒に観た友人たちと、最初は一着もらえるんだって、

なんてふざけながら、どの服が欲しいとか、あれは○○ちゃんに似合う、

とか夢中になってあの夥しい数の服をワクワクみていたけど、

帰る頃には、ブランド立ち上げようと、ブランド名まで考えて盛り上がりました。

 

それはまあ夢ですが、人々を勇気付ける展示というのもあるんだなあと

展示を企画する側の立場に立っても感慨深い展示でした。

 

どんな仕事もそうだと思いますが、

デザイン、企画する人と、職人さんという作る側が

どれだけ良いコミュニケーションが出来ているかが、

良いものを作るために一番必要なことだと思います。

 

次の展示の下林教生の仕事展も

そのコミュニケーションをどのようにとっていたかが

一番面白いところかもしれません。

 

父は、図書印刷株式会社の応用加工部、

のちのクリエイティブセンターという会社で

紙による様々な可能性を探る仕事をしていました。

ポップアップという飛び出す絵本などの仕掛け、

紙工作のたのしさを伝えることや、紙という安価な素材を使って

いかに立体的で楽しいものを作るかのアイデア、

また折り畳めるという、古くからの日本の考え方を生かして

カードや、プレミアム(おまけ)、販売時点広告(P.O.P.)などの

クライアントのニーズに応えていました。

 

展示には様々な飛び出す絵本、仕掛けのあるカードなどとそれを作り出す過程が展示されます。

ぜひご覧ください。

仕事は昭和のもの、40年も前のものですが、見る価値はあると思います。

その時代ならではの丁寧な仕事も感じられます。

あまりお売りするものはありませんが、

ぜひ多くの方に観ていただきたいと思っています。

 

頑張らなくちゃ!

 

 

 

 

2020.01.31 Friday|-|by アトリエ木里


七草も終わりましたが。

新年おめでとうございます。

というには、ずいぶん遅いのですが、、、

みなさまよいお正月を過ごされたことと思います。

わたしも、お正月は多くの方に会って、多くの方に家に来て頂き、

忙しく、楽しく、話したり、笑ったりの

お正月らしいお正月でした。

さて、

今年の目標などをかかげたりしましょう。

前にFacebookなどでも言いましたが、

 

,箸砲く怪我をしないようにしたい。

そのためには無理をしない、欲張らない、運動をする。

 

昨年のアーティストのTシャツ展の2日目の日曜日の夜、

会期中なので参加は無理、と連絡していたのに、

木里の仕事が終わってから、まだ間に合う、と欲張って

所属する合唱団の練習に神楽坂まで急ぎました。

新しくエスカレーターやエレベーターが出来て初めて使った出口を出た途端、

歩道と車道の段差に気づかず、転倒、右足小指の骨を骨折。

2ヶ月で完治しましたが、

その後8月にぎっくり腰。骨折もぎっくり腰も生涯初の出来事でした。

 

怪我は予期せずに起こり、その後の生活をとても不便なものにしてしまいます。

けれどもまた、多くの方に助けられたり、

世の中のバリアフリーがいかに進んでいないかを身を以て知りました。

ご迷惑をおかけしたにも拘らず、

家族や身近な人のありがたみをつくづく感じるなど、

よい経験でもありました。

 

Tシャツ展も作家さんにも助けられて、何とか会期を終えることが出来て、

本当に感謝です。

 

もうひとつ、

△ねてからの懸案、父の仕事展をやり遂げる。

 

父はサラリーマンでしたが、

飛び出す絵本やグリーティングカードのポップアップの構造など、

ペーパークラフトに関してとても面白い仕事をしていました。

実家を片付けていた時、姉と多くの父の仕事関連の資料をみつけました。

構造などを図解して、本にしたいと思っていた原稿も見つかり、

何とか小冊子にまとめたいと思っています。

3月末が目標です。

ぜひ観に来て下さいね。

 

は、ともかく、まだ体力もあるので、

面倒なことを面倒がらず、けれども無理をせず、きちんとやる。

これが今年の目標です。

 

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.01.09 Thursday|-|by アトリエ木里


今年最後の展示『木里百貨展』も無事終了しました。

日が出ないとすっかり真冬の空で、寒くなりましたね。

木里百貨展のときは、雨の初日の他は殆どいいお天気で、大勢のお客さまにお越し頂きました。

本当に感謝しています。

始まりは、2012年の「ノエルの森で」あったかと思います。

これは以前私がフェルトを頑張っていた頃、何度か展示させて頂いた、国立のゆりの木さんでのメンバー、

陶人形の高橋安子さんと、姉の丸山亜美と私のフェルト作品の三人展の発展したものでした。

その時は、さとうますよさんのリースも展示して頂きました。

それから、おくりもの展として、他の作家さんにも集まって頂き、2017年まで続けてきましたが、

2018年は「まとうもの・かざるもの展」と形を変えて、身に着けるものに特化して行ないました。

しかし、それではうつわなどのもともとのアトリエ木里のクラフトギャラリーとしてのあり方から

少し外れてしまいそうな気がして、また陶芸家の中尾雅昭さんにも参加して頂いて、今回の展示の形となりました。

展示のタイトルどうしようか、と悩んで、

まとうものかざるもの、おくりもの全部含めて、百貨店(展)はどうだろうかと想い、

思い切って『木里百貨展』kiri department storeとしました。

 

私は欲張りなので、いろいろな所で自己主張したい所があり、おくりもの展のころは

自分でDMの絵を描いたりしていましたが、これではどんな作家さんがどういう作品を出品されるかが

お客さまに伝わり難いことをようやく悟り、昨年からちゃんと作家さんの作品写真を小さいけど載せることにしました。

それと、いつ作家さんが在廊されるかをきちんと記す。それも大事なことだと気づかせてくれたのは

いろんな面で相談に乗って下さった、山口マオさんの提言でした。有り難いことです。大感謝です。

作家さんの在廊日を知らせることはお客さまと作家さんを繋ぐこと、

この日はいらっしゃると分かればお客さまを御呼び出来ますし、

作家さんも責任を持って在廊して下さいます。

 

いろいろなことが良い結果を結び、多勢のお客さまに来て頂けて、

今年最後の展示を充実して終えることが出来ました。

本当にありがとうございました。

 

さて来年は、

4月に女性作家の三人展です。

西方京子さん…草木染めの手織ショールなどの作品、

明・衣さん…手づくり時計と手縫いの革のバッグなど。

大平真己さんの陶器

です。

5月は錬星舎さんのガラスの展示

6月はTシャツ展の発展形

などが決まっています。

どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

どうぞお楽しみに。

 

それではみなさま、良いクリスマスとお正月を!

 

 

 

 

 

 

 

2019.12.22 Sunday|-|by アトリエ木里


木里百貨展は今日15日までです。

まだまだいい作品が沢山あります。

ぜひお出かけ下さい。今日は11時〜18時です。

どうぞお見逃し無く。

お待ちしています。

 

2019.12.15 Sunday|-|by アトリエ木里


木里百貨展 後半です。

木里百貨展も好評のうちに後半に入りました。

中尾さんの作品もだいぶ少なくなりましたので、メインテーブルに全部載せてみたら、

とっても賑やかで楽しい雰囲気となりました。

 

 

根岸香津代さんのカリグラフィー作品も好評!こちらはイニシャルの花をあしらった作品。

赤ちゃんのお誕生祝いなどのおくりものにも最適です。

 

飾屋しろがねさんのシルバーと天然石のアクセサリー。こちらも素敵です。

展示用の鏡に根岸さんのカリグラフィー作品が映り込んでいます。

 

はぐはぐソックス屋さんのソックスもちょっとしたプレゼントにも喜ばれます。

もちろんご自身の足元のおしゃれを楽しんで頂けたら嬉しいです。

皆様のご来店お待ちしています。

 

2019.12.12 Thursday|-|by アトリエ木里


木里百貨展、明日から後半です。

売れ行き好調ですが、追加納品もあって、まだまだ楽しめます。ぜひご覧下さいね。

また、フルーツケーキやコンフィチュールもいろいろな種類があり、試食も出来ますよ。

リュッカ改めタルトヤhashibamiさんの

1ヶ月も漬け込んだドライフルーツやナッツがたっぷり入ったフルーツケーキは、

大が1800円、小が1200円です。

ちょっとしたおくりものや、お世話になった方へのお礼などにいかがでしょう。

 

とびきりおいしいマンマミーアのコンフィチュール、今12種類ありますよ。

フランボワーズ+ショコラ

ブルーベリー

プラム、

キャラメル+りんご+ヴァニラ

無花果+コアントロー+アニス

黄桃+パッションフルーツ

いちご+サワーチェリー+キルシュ

いちご+トマト

甘夏+ローズマリー

甘夏+白ワイン

桃+ブルーベリー

ルバーブ

マンマミーアオリジナルのおしゃれなパッケージ(左)の他、二つ入る箱も用意しました。

全種類ひとつ1134円です。

 

池嵜智子さんの服やトートバッグ、ブローチやネックウォーマーも大変おしゃれ。

 

イタリア製の暖かい生地のラップスカートはトップにも。とっても素敵。

おしゃれに決まります。

 

丸山亜美さんのフェルトは薄くて暖かく、襟元をおしゃれに彩ります。

追加納品もあったので、いろどり鮮やかになりました。

 

筒井明さんの椅子は何ともロマンチック。とんがった所がなくて手触りが最高です。

座ってみて下さい、座り心地が何とも言えず、癒されます。

 

筒井美津子さんの草木染めのストール。こんなに沢山の色があって、それが全部自然の染料によるもの。

だから、必ずお似合いの色が 見つかります。ここに写っているので全部ではないですよ。

軽くて暖かいリネンウールの素材なので、ご婦人だけでなく、殿方もぜひ。

 

中尾雅昭さん、飾屋しろがねさん、根岸香津代さん、はぐはぐソックス屋さんのご紹介はまたのちほど。

 

 

2019.12.11 Wednesday|-|by アトリエ木里


中尾雅昭さんの陶器

陶芸家の中尾さんは古い友人で、アトリエ木里でも個展をして頂いたことがあります。

中尾さんのうつわは家でも沢山使っていますし、アトリエ木里にも沢山あります。

中尾さんのうつわは食器棚の奥でおとなしくしていることが殆どなくて

料理が出来るとすぐに呼ばれちゃいます。

そうだ、あの青いお皿にしよう、とかお刺身は長いのがいいな、とか。

是非アトリエ木里でご覧下さい。

今回は季節にあった、土鍋などもいろいろ出品して下さいます。

ご飯を炊いてもよし、鍋物やグラタンにも大活躍するはずです。

 

根岸香津代さんももう1枚、送って下さいました。

多分誰でも知っている賛美歌ですよ。

グローーーーリア グローーーーリア インネクシェルシスデーオ

 

木里百貨展でお待ちしています。

 

 

 

 

2019.12.04 Wednesday|-|by アトリエ木里


木里百貨展 DMに乗っていない写真でご紹介。

 

12月に入って木里百貨展まで1週間を切りましたね。

クリスマスまでももう少し。

おくりもの、何にしようかな、それに、今年一生懸命頑張った私に何をご褒美にしようかなーと

思ったら、是非アトリエ木里に来て下さいね。きっといいもの見つかります。

作家さんたち頑張って、とてもいいもの作ってくれました。

DMのために何点か写真を送って下さったのですが、

はがき紙面の制約で、小さな写真を一点だけ掲載しましたが、

もっとお見せしたいので、ここに載せますね。

 

池嵜智子さんのセンスの光るミシンワークの作品、

こんなのもありました。ブローチやバッグ、可愛いです。

 

飾屋しろがねさんのペンダント。

細かい銀の細工が選びに選んだ天然石を包んでいます。

 

 

筒井明さんのDMの写真、ハート形の鏡の下に、実は貝のアクセサリーがあるんですよ。

ここでじっくり見て下さいね。

 

根岸香津代さんのカリグラフィー作品は賛美歌や聖書の言葉の一節を書いたものもあって、

それこそクリスマスにはぴったりですね。

楽譜の作品も素敵ですね。みんなのよく知っている賛美歌312番です。

 

はぐはぐソックス屋さん。

もう本当に可愛い。おしゃれ。足元これできまりですね。

 

丸山亜美さんの薄いフェルトのマフラー。これ以上薄くすると形が作れない、というぎりぎりの薄さです。

薄くて軽くて暖かい。胸元のおしゃれに欲しいアイテムです。

 

どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

2019.12.03 Tuesday|-|by アトリエ木里


12月は木里百貨展

12月7日〜15日は、木里百貨展。

アトリエ木里じは毎年12月におくりもの展を開催して来ましたが、

昨年は身に着けるものに限定した「まとうもの・かざるもの展」として開催しました。

好評でしたが、やはり、絵もうつわも、という声もあり、

今年はまとうもの、かざるものの他に、カリグラフィー小品、陶芸作品なども交えた展示にすることにしました。

それで、タイトルを思い切って「木里百貨展 kiri department store 」

にしちゃいました!

どうでしょう?

参加作家さんは

池嵜智子さん 布ブローチ、布バッグ、洋服。

飾屋しろがねさん 天然石とシルバーのアクセサリー。

筒井明さん 木製の美しい枠の鏡、貝のアクセサリー。

筒井美津子さん 軽くて暖かな草木染めショール。

中尾雅昭さん コーヒーサーバー、カップ、皿などの陶芸作品。

根岸香津代さん カリグラフィー小品。(聖句や賛美歌の一節と美しい絵の額装品)

はぐはぐソックス屋さん カラフルで楽しいソックスいろいろ。

丸山亜美さん 柔らかくて軽いフェルトのマフラー。

他には

マンマミーアのコンフィチュールも沢山発注しています。

リュッカ改め「タルトヤhashibami」さんの大好評フルーツケーキやクッキーボックスもあります。

ちょっとしたおくりものや年末のご挨拶にいかがでしょう?

どうぞお楽しみに!

 

2019.11.18 Monday|-|by アトリエ木里


鹿子木美個展、COLLAGE & shirts 無事終了しました。

鹿子木美さんの個展、無事終了しました。

終了してから1週間も経ってしまいました。ごめんなさい。
何年か前からずっと鹿子木さんの個展にお邪魔して、
いつもいつも新しいことにチャレンジしているのを知っていたので、
今回はどんな作品が来るのか私はとても楽しみにしていました。
ギャラリーの雰囲気に合わせた空間を作る作品を考えていらっしゃると言う
鹿子木さんの今回のアイデアは、コラージュによる絵画作品と
それをもとにプリントしたTシャツやポーチなどを展示し、販売するというものでした。


COLLAGE & shirts というタイトル、なんだろう、と思われた方も多いかと思いますが、
あのDMの絵はなかなかセンセーショナルでした。
絵なのに、さおり織りという美しく素朴な織物が貼付けてあり、 
手渡しした方からは、えー?これ素敵、面白い!という声も多く、
さすが文字の配置やバランスなど、デザインのセンス抜群のDMでしたよね。
鹿子木さんの持ち味である、空間のバランスと間のよさが、
どの絵にも感じられて、さすがだと思いました。
作家在廊日が後半に限られていたためと、雨の影響もあり、
前半はのんびりした日が続きましたが、
後半、在廊されている間はお客さまが切れることなくいらっしゃって、
充実の時間でした。
鹿子木さんの真面目で明るく親しみ易いお人柄と
いつも期待を裏切らない作品であることが周知されているので、
本当に多くの方がいらっしゃって、
期間中のアトリエ木里は、「ますますいいぞ、鹿子木!」みたいな雰囲気でした。

26日は鹿子木さんの誕生日のミニパーティが行なわれましたが、
さすが鹿子木美さん、私がお名前しか知らなくてお会いしたかった方々を含め、
素敵なアーティストが大勢集まって楽しい時間でした。


そして、会期中2回来て下さった方も4名。
最終日はおいしい木里の日。富士宮の手のひら廚人のお野菜も人気で、
最終日らしく最後までお客さまがお見えになりました。


その間になんとライブペインティングもなさって、
Tシャツにアクリル絵の具で手際よく描かれて、見ていても楽しく、
またアトリエ木里の中に独特の空気が流れました。
良い時間でした。

元気いっぱい、アイデアいっぱいのみまさんから沢山エネルギーを頂いて、

また頑張ろうという気持になったのはきっと私だけではなく、
観に来て下さった方々の大半がそう思ったに違いありません。
また鹿子木さんのご提案で、この秋に襲った台風の被害に遭われた地域への義援金として、
売り上げの10%(作家さん5%、アトリエ木里5%)と募金箱に入れて下さった金額を
しかるべき所に寄付致します。
手のひら廚人のお野菜の売り上げもまた、同じように10%寄付致します。
ご協力ありがとうございました。
さて次は一ヶ月あとの12月7日〜15日。
アトリエ木里はまるで百貨店。どうぞお楽しみに。
2019.11.02 Saturday|-|by アトリエ木里



profile

selected entries

archives

links

search this site.

others