kiri blog

めだかを飼う

久しぶりの長い休暇のような、ふしぎなコロナ対策の日々。

部屋を片付けたり、トースターを磨いたり、

紫蘇の芽をプランターに植え替えたり、

マスクをたくさん縫ったり。

(マスクはいろいろ改良を重ねてこれ、と言うのができたけど、

ネットや友人から聞き知っていた香港マスクの型紙を姪から入手して作ったら

これより優れたものはないと知り、ずいぶんいろいろ作ったりした。)

 

仕事の面ではアトリエ木里の今後の方針を出したり、日程の調整をしたり、

作家さんに連絡したり返事を待ったり。

久しく合わない人に手紙を書いたり。

 

家にいるとどんどん太るので、散歩も欠かせない。

家にある、昔友人宅から頂いた火鉢が水生植物を育てるののちょうどよくて

禊萩やら名前を忘れた植物があるのだけれど、

その鉢を数年放置したため、

緑色の藻や植物の根っこや、落ち葉で大変なことになっていたのを

『池の水全部抜きました』的な感じで掃除した。

落ち葉を掬いだし、植物の鉢を取り出し、根っこを切ってすっきりさせ、

火鉢の底の臭いヘドロを取り除いて中の植物の鉢を配置し直し、

きれいな水を入れて透明で鉢底の見える世界を作ったら

どうしてもめだかを入れたくなった。

前にも何度か飼っていたけど、知らないうちに絶滅。

そして、昨日、散歩がてら近くのペットショップで

めだか20匹と布袋葵をひとつ買ってきた。

さてどんなふうに小さな世界が出来上がっていくのか、

毎日洗濯物を干すたびに鉢を覗く楽しみができた。

今年は絶対に卵を見つけて増やしてみたい。

 

ペットショップの店主が身の上話をするとか、

花屋では、小学校が休校なので、朝顔などの種を播く植木鉢と土が品切れになって追加したとか、

普段ならあまり話さない店先でも

コロナで3蜜を避けているせいでの人恋しさからかよく喋った。

 

学齢の子どものいる家庭では

テレワークしながら、家で学校の授業とおなじに勉強をしなくてはならない子どもの質問に答えたり、

本当に大変だと思う。

医療や介護などの現場で足りない防護服をやりくりして今まで以上の激務に耐えている方々には

尊敬と感謝しかない。

早く収束して元の生活に戻りたいというけど、

コロナはそんなに甘くない。まだまだ続く中で

コロナが収束したあとは社会のシステムや生活のしかたも大きく変わると思う。

 

一方生活の面で考えると、このせいで何か今まで見えてなかったものが見えるとか、

新しい切り口で生活がちょっと楽しくなるとか、

女の人は(と括るのも変だが)柔軟にこの時代を生き抜いて行ける生活力みたいなものがあると思う。

政治も悪いけど、文句言ってるばかりでは面白くない。

感謝しようとテレビで言われるのも違和感がある。

必要だけど、指紋が無くなるほど過剰に消毒や除菌にうつつを抜かすのにも少し飽きてきた。

これが油断と言うものなのかもしれないけど適度にしないとストレスがひどい。

消毒や除菌、見えない敵に対する防御は、周りの人を全て疑うことに繋がりかねないから、

そこは節度を保たないと、と思う。

生きていくということは、何かしらの楽しみを見つけなくては成り立たない。

政治家の文脈が整っていないけど、それを論うのも虚しい気晴らしの一つ。

お笑いで免疫力アップと言っても、今の時代、少しは風刺が効いていないと笑えないよ。

 

 

 

 

 

 

2020.05.15 Friday|-|by アトリエ木里


これからのアトリエ木里

今年のゴールデンウィークは、我慢ウィークでしたね。

多くの方が、おうちで過ごされたと思いますが、いかがでしたか。

私はコロナウィルスの感染拡大防止を考慮した今後のアトリエ木里を

どう運営していくか決めなくてはならないのに

それから逃げるように片付けごとや庭の手入れなどにうつつを抜かして、

心の中では焦りつつも、

少しずつ片付いていく家の中や収納やら、

またはジャムなどの保存食が増えていくことに

心を紛らわし、後ろめたい満足を得て暮らしていました。

しかし幻のGWも終わりました。

相変わらず緊急事態宣言は解除されません。

ですが、ずっと何もせず待っているわけにはいきません。

アトリエ木里として今後、以下のようにしていきたいと思います。

 

 

今後の決まっている展示は予定通りその時期に行う。

 

1コロナ収束宣言があり、一人の感染者もなくなった場合。

 今まで通りの展示方法で行う。

 

2緊急事態宣言が解けて、外出自粛要請もなくなった場合。

 お客様はマスク着用で、玄関脇の洗面所で手を洗って入って頂く。

 展示室の換気に気をつけて、茶菓のサービスは無し。

 

3外出自粛要請が続く、あるいは一旦解除されても第二波、第三波で今のような状況になるのであれば、

 作家在廊は無し。無観客展示でブログ、フェイスブック、インスタグラムなどで展示の模様をお知らせし、

 オンラインストアとして、baseなどの通販のサイトを利用して作品を販売する。

 つまり、お客様と作家さん、店主が接触せずにギャラリーを運営する。

 

延期している三つの展示のうち、「花・土・季」と、「錬星舎の仕事展vol.2」については、

作家さんと相談し期日を決めてから上記の制限で行いたいと思います。

 

少し先は見えてきた気配はしますが、まだなかなか手強いウィルスのようです。

人と合わない、出かけない、集まらない、握手やハグをしない、

必要最低限のこと以外、活動しないことを政府や自治体から要請されるという、未曾有のこの状況ですが、

それで早期に解決出来るなら、早めの終息を迎えるべく我慢し努力をしたい所存です。

 

しかしながら、アートやクラフトを制作することは

作家さんにとっては呼吸をしたりご飯を作って食べることと同じように

なくてはならない部分であって、しかもそれが生活の糧である以上、

ギャラリーはそれを維持出来るよう、お客様との媒体として存在しなくてはならない。

そして、アートを鑑賞したり、生活を豊かにするうつわや身に付けるものや絵画などを

見たり購入することが不要不急の無駄なことではなく、人間にとってとても大事なことと思う。

そういうことで心がざわざわしたり、熱くなったり、気に入ったものを手に入れて、気持ちが暖かくなったり。

本を読んだり、学んだり、音楽を聞いたり映画を観たりと同じように、

それを文化というなら、人間からその活動をなくしてはいけないと思う。

 

自分に似合うものを身に付けて電車やバスに乗って出かけたり、仲間とご飯を食べたり、

サークル活動をしたり、今まで普通にしてきたことが、

どんなに人間らしく楽しくて豊かだったかをもはや懐かしく思うこの頃です。

長引くコロナ以降、どんな世界が待っているのか、というかどんな世の中を作っていくのか

そろそろ考えなくてはならない時期です。

努力してやっと築き上げたものをコロナウィルスによって簡単に壊してはならないと思います。

 

アトリエ木里も6月末からの展示『夏の木里百貨展…猫、ときどき犬』(仮タイトル)から

上記の条件で開催することとしました。

鹿子木美さん、佐藤恵美さん、すぎはらゆりさん、橋本薫さん、ミウラナオコさんが参加されます。

ご不便やご迷惑をおかけするかもしれませんが、どうか応援してください。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

2020.05.10 Sunday|-|by アトリエ木里


残念なお知らせばかりで恐縮です。

アトリエ木里ではこの春の二つの展示を延期することと決定しました。

昨日から開催予定だった、楽しいPOP-UPの世界、下林教生の仕事展と

アトリエ木里渾身の企画展、4月11日から開催予定の『花・土・季』です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、下林教生は私の父で、

父の遺品を整理していたら、膨大な数の生前の仕事の資料が出てきたことから

展示の企画が始まりました。

父の仕事は丁寧で秩序正しく保存されていましたが、

父の生い立ちや経歴を調べるうちに今まで知らなかったことを知ることが出来て

ワクワクしながら展示の準備を進めてきたところでした。

父の孫たちも映像を作ったり、それに音楽をつけたり、

わずかですが販売できる形にした父の仕事の成果や

また父の図面から起こしたTシャツまで用意して開催を心待ちにしていました。

しかし状況を危ぶみながら準備をしていた開催三日前の水曜日、

都知事の会見で外出自粛要請が出たところで、延期の決断をせざるを得ませんでした。

いつものアトリエ木里の展示と違い、個人的であまり興味のない方が多いのでは、

と懸念しつつ企画したのですが、

思ったより反響が多く、いついつ行きます、楽しみにしています、などの嬉しい反応がたくさんあり、

延期のお知らせを出すのもギリギリで、辛い決断でした。

 

それから増える一方のコロナウィルス感染者数です。

次の展示である『花・土・季』についても苦渋の決断をせざるを得ませんでした。

 

この展示はアトリエ木里によく来て下さる西方京子さんが、

素晴らしい手紡ぎ手織りの作家さんであることを知って

ぜひアトリエ木里で展示を、とお願いしたところから企画が始まりました。

違うジャンルの女性作家による、技の際立つ手仕事の三人展を、と思い、

まずはアトリエ木里では珍しいジャンルである、手作り腕時計の明・衣さんにお声をかけ、

もうひとかた女性の陶芸家でふさわしい雰囲気の方を探していたところ、

赤坂ジャローナさんで大平真己さんの作品に一目惚れ、

お忙しい中、無理を言ってお願いしました。

そういう経緯でアトリエ木里の企画展としても格別力の入った三人展ですが、

だからこそ、安心して来ていただけることが一番だと思い、延期することといたしました。

 

工芸作品の展示は、身につけるものであれば、手で触り、首に巻いたり腕につけたりして試着します。

それに陶器も必ずお手にとってご覧いただくのが正しい販売方法だと思っています。

なので、そういうことを制限しての展示販売はいかがなものかと思いました。

 

そして、一番怖いのが私自身が症状の出ていない感染者かもしれないということです。

知らないうちに多くのお客様を感染させてしまうかもしれません。

 

季節に合わせて製作してくださった三人の作家さんには

本当に申し訳なく、思っています。

楽しみにしていらしたお客様も多くいらっしゃるはずです。

 

そういうわけで二つの展示が延期となり、その期日も決められない状況を

どうぞご理解下さいますよう、よろしくお願いいたします。

皆様もどうぞお気をつけて下さい。この時期を皆で乗り越えて行きたいと思います。

しばらくの我慢です。

 

 

2020.03.29 Sunday|-|by アトリエ木里


これからの展示についてのご案内

遅ればせながら、今年の展示を3月末から始めます。

少し変わったのは、

今まで平日20:00まで行っていた展示ですが、どなたもお見えにならない日も多く、

今年より、予約制とさせて頂くことにしました。

会社の帰りに観に行きたい、夜しか行けないという方は

会期中の通常時間にお電話あるいはメールでご連絡ください。

ご連絡のあった日のみ20:00まで時間を延長いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

そして、どうぞご遠慮なくご連絡くださいませ。

 

新型コロナウィルスの拡散予防のため中止するイベントも多くありますが、

余程のことがない限り、展示を行いたいと思っています。

会場には手洗い場所を玄関脇に設けてありますので、

ご面倒でも手洗いをしてからお入りください。

換気、除菌等、気をつけて行います。

なお中止を余儀なくされる場合は、ホームページ、フェイスブック、インスタグラムで

広報いたします。どうぞ事前にご確認の上お出かけください。

 

ホームページのnews蘭でもご紹介していますが、これからの予定は次の通りです。

 

父、下林教生が会社勤の間に関わった仕事の資料、アイデアスケッチ、製品、体系的にまとめた原稿などを展示いたします。

父の仕事の足跡を辿るうちに見えてきた父の生涯も写真とともにご覧いただけたらと思います。

 

 

そして、

4月は一番いい季節ですが、下記のご案内は、その季節にふさわしい展示です。

女性作家による、糸、土、金属、革の違素材の工芸展です。

手間ひまかけて作られたものは一生の間、手元でご愛用いただけると思っています。

ぜひご覧ください。

 

 

2020.03.05 Thursday|-|by アトリエ木里


父の仕事展準備あれこれ

父は美術学校を卒業してすぐ、横浜シネマ研究所(商会)に就職した。

社長が上海で観たディズニーの映画に触発されて、

日本で初の長編アニメーション映画を作ることになっていた。

小金丸は巌谷小波の原作の冒険物語。

父はその背景を描いていたようだ。

その頃の写真が出てきて驚いたのは、その頃すでにエアブラシを使っていたことだ。

写真は小さなものだったけど、展示に使うべくパソコンに取り入れて拡大してみると、

手に持っているのは間違いなくエアブラシ。

今のようなボトル式のボンベではなく、

コードの元には大きなコンプレッサーがそなえてあるはず。

 

私たちも昔、古い家を今で言うコワーキングスペースみたいに使っていた頃、

どこからか友人が巨大なコンプレッサーを持ってきて、

塗装やら、デザインやらに使っていたことを思い出した。

あまりに大きなものなので、私たちはそのコンプレッサーを『ブタ』と呼んでいた。

それと多分同じようなものを父が使っていて、

しかもアニメーションの背景を描いていたなんてびっくり。

写真を観るのに拡大するのが簡単になったので、こうした発見があることも驚きだ。

 

 

 

父の仕事展をしようと思ったきっかけは不在になる実家を片付けていた時。

箱いっぱいの父の仕事の資料が出てきた時だ。

処分のことばかり考えていて、だいぶ捨ててしまったのが今となれば口惜しい。

けれども一応全部目を通したつもり。

昭和17年の文化映画という雑誌に、

横浜シネマ商会の製作中のアニメーション映画『こがね丸』の広告が出ていた

この広告のページを見つけた時にとりあえず写真を撮っておこうと思ってよかった。

雑誌は確か早稲田演劇資料館に納めたと思う。

ここに父下林教生の名と、後の『しょうぼうじどうしゃじぷた』の作者の

最上忠敬(山本忠敬)の名前が掲載されているのは嬉しい。

けれども軍の要請で他の映画をとることに忙しくなったのと、社員に父のように召集されたものがいて、

このアニメーション映画は未完に終わった。

けれども、こういう映画を作ろうとした人たちが、

戦争まっしぐらの時代にもいたということを、記憶に残しておきたいと思う。

 

 

次の展示、下林教生の仕事展 POP-UPの世界展は

後の仕事、ペーパーエンジニアリングのものが中心となるが、

それまでの軌跡も残された資料を解明しつつ展示しようと思う。

どうぞお出かけください。

私たちもいい展示ができるよう、頑張ります。

2020.02.24 Monday|-|by アトリエ木里


ミナ ペルホネン、父下林教生の仕事展

1月は居座り、2月逃げる、3月は去る、などといいますけどね、

居座っているはずの1月もどんどん去っていき、気づけば末日。

複数の仕事を並行してやっているので、どれも終わらず、先が見えず。

一つは確定申告の準備、もうひとつは父、下林教生の仕事展の準備。

4月以降の展示の枠組みなどなど。少しずつ終わっているはずなんだけどね。

一見して暇にしているような展示のない月も、結構いろいろあります。

しかも、パソコンを新しくしたため、なんとなく慣れなくてやりにくい。

けれども、時間の融通がきくのがありがたく

いい展示も観に行くことができました。

 

現代美術館で開催中の

ミナ ペルホネン「つづく」の展示は大変な刺激となりました。


勇気付けられるような、また仕事がしたくなるような、

また絵筆を持ってみたくなるような、そんな展示でした。
歳なんて関係ない、やりたい時ができる時だ、と思えました。

「スタッフ募集年齢制限100歳まで」に応募しちゃおうか、

と思うほど、いい仕事展でした。

一緒に観た友人たちと、最初は一着もらえるんだって、

なんてふざけながら、どの服が欲しいとか、あれは○○ちゃんに似合う、

とか夢中になってあの夥しい数の服をワクワクみていたけど、

帰る頃には、ブランド立ち上げようと、ブランド名まで考えて盛り上がりました。

 

それはまあ夢ですが、人々を勇気付ける展示というのもあるんだなあと

展示を企画する側の立場に立っても感慨深い展示でした。

 

どんな仕事もそうだと思いますが、

デザイン、企画する人と、職人さんという作る側が

どれだけ良いコミュニケーションが出来ているかが、

良いものを作るために一番必要なことだと思います。

 

次の展示の下林教生の仕事展も

そのコミュニケーションをどのようにとっていたかが

一番面白いところかもしれません。

 

父は、図書印刷株式会社の応用加工部、

のちのクリエイティブセンターという会社で

紙による様々な可能性を探る仕事をしていました。

ポップアップという飛び出す絵本などの仕掛け、

紙工作のたのしさを伝えることや、紙という安価な素材を使って

いかに立体的で楽しいものを作るかのアイデア、

また折り畳めるという、古くからの日本の考え方を生かして

カードや、プレミアム(おまけ)、販売時点広告(P.O.P.)などの

クライアントのニーズに応えていました。

 

展示には様々な飛び出す絵本、仕掛けのあるカードなどとそれを作り出す過程が展示されます。

ぜひご覧ください。

仕事は昭和のもの、40年も前のものですが、見る価値はあると思います。

その時代ならではの丁寧な仕事も感じられます。

あまりお売りするものはありませんが、

ぜひ多くの方に観ていただきたいと思っています。

 

頑張らなくちゃ!

 

 

 

 

2020.01.31 Friday|-|by アトリエ木里


七草も終わりましたが。

新年おめでとうございます。

というには、ずいぶん遅いのですが、、、

みなさまよいお正月を過ごされたことと思います。

わたしも、お正月は多くの方に会って、多くの方に家に来て頂き、

忙しく、楽しく、話したり、笑ったりの

お正月らしいお正月でした。

さて、

今年の目標などをかかげたりしましょう。

前にFacebookなどでも言いましたが、

 

,箸砲く怪我をしないようにしたい。

そのためには無理をしない、欲張らない、運動をする。

 

昨年のアーティストのTシャツ展の2日目の日曜日の夜、

会期中なので参加は無理、と連絡していたのに、

木里の仕事が終わってから、まだ間に合う、と欲張って

所属する合唱団の練習に神楽坂まで急ぎました。

新しくエスカレーターやエレベーターが出来て初めて使った出口を出た途端、

歩道と車道の段差に気づかず、転倒、右足小指の骨を骨折。

2ヶ月で完治しましたが、

その後8月にぎっくり腰。骨折もぎっくり腰も生涯初の出来事でした。

 

怪我は予期せずに起こり、その後の生活をとても不便なものにしてしまいます。

けれどもまた、多くの方に助けられたり、

世の中のバリアフリーがいかに進んでいないかを身を以て知りました。

ご迷惑をおかけしたにも拘らず、

家族や身近な人のありがたみをつくづく感じるなど、

よい経験でもありました。

 

Tシャツ展も作家さんにも助けられて、何とか会期を終えることが出来て、

本当に感謝です。

 

もうひとつ、

△ねてからの懸案、父の仕事展をやり遂げる。

 

父はサラリーマンでしたが、

飛び出す絵本やグリーティングカードのポップアップの構造など、

ペーパークラフトに関してとても面白い仕事をしていました。

実家を片付けていた時、姉と多くの父の仕事関連の資料をみつけました。

構造などを図解して、本にしたいと思っていた原稿も見つかり、

何とか小冊子にまとめたいと思っています。

3月末が目標です。

ぜひ観に来て下さいね。

 

は、ともかく、まだ体力もあるので、

面倒なことを面倒がらず、けれども無理をせず、きちんとやる。

これが今年の目標です。

 

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.01.09 Thursday|-|by アトリエ木里


今年最後の展示『木里百貨展』も無事終了しました。

日が出ないとすっかり真冬の空で、寒くなりましたね。

木里百貨展のときは、雨の初日の他は殆どいいお天気で、大勢のお客さまにお越し頂きました。

本当に感謝しています。

始まりは、2012年の「ノエルの森で」あったかと思います。

これは以前私がフェルトを頑張っていた頃、何度か展示させて頂いた、国立のゆりの木さんでのメンバー、

陶人形の高橋安子さんと、姉の丸山亜美と私のフェルト作品の三人展の発展したものでした。

その時は、さとうますよさんのリースも展示して頂きました。

それから、おくりもの展として、他の作家さんにも集まって頂き、2017年まで続けてきましたが、

2018年は「まとうもの・かざるもの展」と形を変えて、身に着けるものに特化して行ないました。

しかし、それではうつわなどのもともとのアトリエ木里のクラフトギャラリーとしてのあり方から

少し外れてしまいそうな気がして、また陶芸家の中尾雅昭さんにも参加して頂いて、今回の展示の形となりました。

展示のタイトルどうしようか、と悩んで、

まとうものかざるもの、おくりもの全部含めて、百貨店(展)はどうだろうかと想い、

思い切って『木里百貨展』kiri department storeとしました。

 

私は欲張りなので、いろいろな所で自己主張したい所があり、おくりもの展のころは

自分でDMの絵を描いたりしていましたが、これではどんな作家さんがどういう作品を出品されるかが

お客さまに伝わり難いことをようやく悟り、昨年からちゃんと作家さんの作品写真を小さいけど載せることにしました。

それと、いつ作家さんが在廊されるかをきちんと記す。それも大事なことだと気づかせてくれたのは

いろんな面で相談に乗って下さった、山口マオさんの提言でした。有り難いことです。大感謝です。

作家さんの在廊日を知らせることはお客さまと作家さんを繋ぐこと、

この日はいらっしゃると分かればお客さまを御呼び出来ますし、

作家さんも責任を持って在廊して下さいます。

 

いろいろなことが良い結果を結び、多勢のお客さまに来て頂けて、

今年最後の展示を充実して終えることが出来ました。

本当にありがとうございました。

 

さて来年は、

4月に女性作家の三人展です。

西方京子さん…草木染めの手織ショールなどの作品、

明・衣さん…手づくり時計と手縫いの革のバッグなど。

大平真己さんの陶器

です。

5月は錬星舎さんのガラスの展示

6月はTシャツ展の発展形

などが決まっています。

どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

どうぞお楽しみに。

 

それではみなさま、良いクリスマスとお正月を!

 

 

 

 

 

 

 

2019.12.22 Sunday|-|by アトリエ木里


木里百貨展は今日15日までです。

まだまだいい作品が沢山あります。

ぜひお出かけ下さい。今日は11時〜18時です。

どうぞお見逃し無く。

お待ちしています。

 

2019.12.15 Sunday|-|by アトリエ木里


木里百貨展 後半です。

木里百貨展も好評のうちに後半に入りました。

中尾さんの作品もだいぶ少なくなりましたので、メインテーブルに全部載せてみたら、

とっても賑やかで楽しい雰囲気となりました。

 

 

根岸香津代さんのカリグラフィー作品も好評!こちらはイニシャルの花をあしらった作品。

赤ちゃんのお誕生祝いなどのおくりものにも最適です。

 

飾屋しろがねさんのシルバーと天然石のアクセサリー。こちらも素敵です。

展示用の鏡に根岸さんのカリグラフィー作品が映り込んでいます。

 

はぐはぐソックス屋さんのソックスもちょっとしたプレゼントにも喜ばれます。

もちろんご自身の足元のおしゃれを楽しんで頂けたら嬉しいです。

皆様のご来店お待ちしています。

 

2019.12.12 Thursday|-|by アトリエ木里



profile

selected entries

archives

links

search this site.

others