kiri blog

錬星舎を訪ねました2

ガラス工房錬星舎の池上直人さん、西村由美さんご夫妻に会いに行きました。

工房は今は冬眠中ということで、炉に火は入っていませんでしたが、

炉のこと、ガラス製作のこと、お二人の歴史などのお話を伺って来ました。

冬眠の間にエネルギーを蓄えて、一気に爆発させるんですね、と申し上げたら、

まあ、そうですね、と池上さん。

2002年に長野県中川村に工房を移転してから16年、

ガラス作家は皆そうするように、炉、徐玲炉など全部ご自分で設計しての手作り。

外に大きなガスのタンクが4本、

一旦炉に火が入ってから炉の温度が1600度まで上がるのに

何日もかかる。ランニングコストを考えると、

需要の多い夏場に向けて一気に製作するのだそうです。

なので、今は冬眠中。

ですが、アトリエ木里の展示のために近いうちに火を入れるとのこと。

 

池上さんは、元々は大学で哲学を勉強されていました。

興味のあった現代美術には、美大に行くより、哲学という入口から入って行くことを

考えていたそうです。卒業後、普通に就職して働いていましたが、

ある日、ガラスを作ることに出会って、

これは今まで自分の中に、というより、人間の中にすら元来ないものだ、

と衝撃を受けたということです。

焼きものは土をこねてかたちを作り、乾かして焼成をする、

それと違ってガラス製法は、偶然の発見としか言いようのないもの。

2000年以上前にガラス原料を発見し技法にたどり着いたことは、

人の叡智と言うか神の意思というか。

確かに科学の系譜がまだ明らかでない頃、ガラス製法があったというのは

ものすごいことかも知れません。

これだ、これしかない、と、池上さんは会社をやめて東京ガラス工芸研究所に入り、

ガラスの勉強を始めました。

そこで、西村由美さんに出会ったということです。

 

西村さんは高校卒業後すぐに研究所に入って、様々の技法を学びながら

吹きガラスの世界に魅せられてのめり込んでいったと。

結婚されて、4人のお子さんを育て、

お腹の大きい時もずっと製作を続けていらしたそうです。

最初の頃の作品も見せて頂きましたが、

(こういうのも私は好きでしたが)

あの頃はどうしても作品の中に自分の痕跡を残したくて、

いろいろなことをしたけど、

経験を重ねた今では、もっとガラスのちからを信頼して

自分が自分が、ということをしなくなった、という西村さん。

四人のお子さんを育て上げた、という経験と無関係ではないような気がします。

 

お二人の作風は違っていて、

池上さんはとろけるようなフォルムの透明なガラスの中に気泡が美しく混ざり、

(この気泡にも化学的に入れる方法と物理的に入れる方法があるそうです)

西村さんは特殊な方法で絵の具で描いたような色ガラスが特徴。

溶けたガラスは決して素手で触れるものではないので比喩的な表現ですが、

火の中で溶けて揺らいでいるものが、自分の手のうちで形になっていく。

そういうことが、作る者を飽きさせることがなく魅了し続ける、という池上さん。

そして、他の工芸と違うのはその製作過程のスピード。

溶けているものが冷めて固まるまでの限りある時間の中で形を作って行くには、

瞬時の決断と偶然の力を受け入れることも大切なように感じます。

 

とても奥の深いガラス製作の世界。

私ももっと若かったら飛び込んでいたかも知れません。

今度はぜひ炉に火が入っていて、製作しているところを見せて頂きたいな、

と思いつつ、工房をあとにしました。

 

錬星舎の仕事展は

3月16日〜24日。20日休廊です。

どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

2019.02.06 Wednesday|-|by アトリエ木里


錬星舎を訪ねました。

2月4日、長野県の中川村にある、ガラス工房錬星舎をたずねました。

錬星舎は、池上直人さん、西村由美さんご夫妻の工房。

新宿バスタから高速バスに乗っておよそ3時間半、

遠くに山々の見えるのどかで開けたところにあって、

旅をしない私にとっては、行き着くまでも車窓から目が離せませんでした。

暖冬なのか、中央道から見える山々も雪が少なく、手前の山のもうひとつむこうに

雪が白くかがやく峰があって、そこだけ霧がかかり神々しいような不思議な光を放っているのが見えて

もうそれだけで感動しました。

錬星舎のお二人には面識がなく、ちゃんと飯島のバス停でお会い出来るか不安でしたが、

駐車場に向かう高速の橋の上で、車の中から声をかけて頂き、ほっとしました。

 

なぜ面識がなかったのに、アトリエ木里で展示をすることになったのかを

お話ししなくてはなりませんね。

ちゃんと話をすればとても長くなりますが、簡単に申し上げれば、

国立にあった「ガラスとギャラリーゆりの木」というお店が昨年閉店し、

オーナーの井口さんからご紹介頂いたのです。

井口さんはご自分のしごとに一区切りをつけるためにお店とギャラリーをおやめになったのですが

ゆりの木はずっと多くのお客さまの訪れる、素敵な場所でした。

実は私もフェルトの作品などを作っていた頃、グループ展でギャラリーを使わせて頂いたことが幾度もあり、

ご縁のあるところでした。

閉店の1日前に何とか伺うことが出来たのですが、

井口さんは、ゆりの木の多くの作家さんを次に展示出来る場所を確保されることも

最後のお仕事として考えているようでした。

それで、錬星舎さんをご紹介頂きましたが、

錬星舎のお二方の作品は、ゆりの木さんでも大変人気があって、

知らずに私も10年近く前に、池上直人さんの作られたボウルを購入したほどでした。

そんな人気の作家さんの展示を受け渡されて、アトリエ木里は責任重大です。

しかも面識もなく、、、

それで、思い切って工房を訪ねることにしたのです。

下の写真はゆりの木さんを初めとして多くのギャラリーなどで展示された際のDM。

これから作る木里のDMも頑張らなくちゃ。

 

広々とした風景の中に、錬星舎の工房があって、

その隣にはご自分たちで外壁も塗装しました、という素敵なご自宅。

お昼ごはんには白毛米の玄米で時間を掛けて作った自家製のお餅の入ったうどん、

それに香茸の炊き込みご飯のおにぎり、野沢菜も大根も自家製のお漬け物。

田んぼや畑もしていると言う、お二人の丁寧な暮らしぶりを垣間みるような

心づくしのごちそうを頂きました。

工房の中には、素晴らしいお二人の作品が沢山あって、

心ときめくものばかりでした。

 

お二人の歴史やガラスに対する思いなど、沢山伺いましたが、

それはまた明日更新します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.02.05 Tuesday|-|by アトリエ木里


2019年少しだけ猪突猛進で。

 

アトリエ木里も今年で7年目に入ります。

何も分からないド素人の私が還暦になって始めて何とか続けて来られたのは、

よい作家さんと巡り会えたことと、

地域の方や作家さんに支えられて、お客さまに足を運んで頂けたことだと思います。

 

この仕事を始めていろいろなことが分かりました。

まず、仕事というのは面倒なことを面倒がらずした時に

いい結果が生まれる(ことがある)ということ。

 

それから、ひとつの結果が悪くても、へこたれず前を向いていけば、

良いこともある、ということ。

最近気づいたのは、これでわたしは案外前向きなんだということで、

これは、よきにつけあしきにつけ、鈍感であるということかも知れません。

打たれ強い、というより、打たれていることに気づいていないのかも(笑)。

(たまに気づくとちょっとだけ凹みます)

 

そういえば、小学校一年の通知表の生活態度の欄では、

決まりは守れるか、という項目だけ、あまり気にしない、という評価でした。

そのことで、両親からはいつも「絵里は”あまり気にしない”だから、」と笑いの種にされていました。

そのうちなんとかなる、という、鷹揚な両親のおかげで

あまり矯正されず、のびのびと育っていったのは、

他のことでは信頼されていたからかも知れません。

無頓着でマイペースだった私は還暦を過ぎてもあまり変わっていないのですね、きっと。

 

さて正月休みも終わり、確認しなくてはならないこと、

行かなくてはならないところ、

メールで再度お願いしなくてはならないことなど

いろいろ仕事が待っています。

ひとつひとつ丁寧に、面倒がらず、少しだけ猪突猛進で、

今年も頑張って行きたいと思っています。

 

さて今年の予定は次の通りです。

決まっている作家さんのみを載せましたが、まだ追加や変更はありますので

その都度更新していくつもりです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

2019.01.04 Friday|-|by アトリエ木里


まとうもの・かざるもの展、無事終了しました。

 

 

まとうもの・かざるもの展にやってきた藤野アートヴィレッジの妖精たち

 

おかげさまで今年度最後のアトリエ木里の企画展も無事終了しました。

昨年があまり芳しくなかったのでいろいろ改革をしました。

昨年までの、木里のおくりもの展を改め、身に着けるものだけの展示にしたいと思い、

まとうもの・かざるもの展に変更しました。

それまでは、陶磁器、人形なども含めた、おくりもの展でしたが、

殆どの方がご自分へのおくりものをお求めになっていたことをふまえ、

思い切って女性のお客さまに喜んで頂けるものを中心に考えた企画展に変更しました。

 

また、今までは10名近い参加作家さんの作品写真を載せるのはとても無理と考えて

DMもアトリエ木里で作ったクリスマスを意識した絵のものにしていました。

しかし、お客さまの立場から考えると、

どんな作家さんがどんなものを出しているかがはっきり分かるほうが

興味を持って下さるだろうと、作品写真を載せることにしました。

写真をパラパラと並べた感じのDMは、分かり易くて良かったと思います。

 

もうひとつ考えたのが、開催時期です。

ずっと無縁だったので、つい忘れがちだったボーナスの時期を考慮しての期間にしました。

つまり、今までより一週間遅くしたのですが、ちょっとした誤算がありました。

師走の一週間は気温がぐっと下がり、また日が暮れる時間の早くなるものなんですね。

会期中は寒くて寒くて、昨年出さなかったガスファンヒーターを出して

暖かくしてお客様をお迎えしました。

 

企画自体を見直したこと、DMを変えたこと、開催時期をずらしたことなどが功を奏して

結果、昨年より数字的にはだいぶ良くなり、改革してよかったと思いました。

展示の企画も、毎年変わらないでいるとだんだん飽きられてしまいます。

今年は様々な点をこれで良いのか、と考え直して、悩む一年でした。

少しずつ変化をしていかなくてはと意識した一年でした。

アトリエ木里を心配して、アドバイスをして下さった作家さんには

本当に感謝しています。

言い難いだろうこともズバズバ言って下さって、目が覚めました。

 

さて来年は珍しく、殆どの月で企画が決まっています。

1月2月はお休みし、3月からです。

3月は縁があって、長野在住のガラス作家、

池上直人さんと西村由美さんのガラス工房「錬星舎」の展示です。

ウェブサイトは以下のURLです。

http://www.renseisya.net

 

ぜひ訪問してみて下さい。本当に美しいです。

このお二人の展示が出来ることをアトリエ木里も楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.12.18 Tuesday|-|by アトリエ木里


まとうもの・かざるもの展、ついに最終日

8日間の展示も今日で終わりです。

まだの方で、そういえばあの方にプレゼント選んでないわ、とか

ご自分への一年間のご褒美に、という方、ぜひアトリエ木里を覗いてみて下さいね。

まだまだ、いいモノが沢山ございます。

売れてしまって数少なくなった作家さんは追加納品もしてくれていますよ。

 

池嵜智子さんのネックウォーマー、カラフルなのがまだあるし、

 

 

丸山亜美さんの暖かい軽くて柔らかいフェルトのマフラーもいろいろ。

 

 

文袋さんのバッグも追加され、手ぬぐいの使い方の手ぬぐいとか、高尾山の天狗の手ぬぐいを

使ったものとか、

 

カラフルな地に歌手という、カクテルライトというタイトルのバッグの裏側は

ピアニストの手なんですよ。飾屋しろがねさんの天然石のアクセサリーは日を浴びてきらきら。

 

 

そして筒井明さんのこの倚子!けやきの材で出来ています。筒井美津子さんのストールを展示するために

搬入されましたが、その座り心地が素晴らしく、ちょっとブームに。固い密度のある材質なので、

とても安定感があって、本当に素敵。ぜひアトリエ木里で座ってみて下さいね。

もちろん明さんの貝のブローチもお試し下さい。

2018.12.16 Sunday|-|by アトリエ木里


飾屋しろがねさんの天然石とシルバーのアクセサリーが素敵すぎる!

石のちからにシルバーが寄り添って、本当にすてきなアクセサリーです。

ぜひアトリエ木里の鏡の前でお試し下さい。一年間頑張った自分へのご褒美にぜひ。

ぴったりのが見つかると嬉しいですね。

2018.12.13 Thursday|-|by アトリエ木里


おいしいものも揃いました。

 

まとうもの・かざるもの展は今日で3日目。

土日に比べてなんて静かなんでしょう。

昨日、リュッカのクッキーボックス、Rakudaベーカリーのシュトーレンも届き、

種類も豊富なマンマミーアのコンフィチュールとともに

おくりものにも最適な美味しいものがいろいろ揃っています。

ぜひご利用下さい。

 

2018.12.10 Monday|-|by アトリエ木里


今日からのまとうもの・かざるもの展、飾り終えました。

昨日、ようやくかざり終えました。

思ったより、盛りだくさんな感じで、今日全部はご紹介出来ていませんが、

楽しい展示となりそうです。今朝またもう少し手を加えたいと思っています。

作家さんたちが心をこめて作ったものが

良い顔を見せるように今朝もうひと頑張りします。

どうぞアトリエ木里へ、お越し下さいませ。

 

2018.12.08 Saturday|-|by アトリエ木里


まとうもの・かざるもの展の予告3

すみません、細切れの投稿で。

 

まとうもの・かざるもの展のDMの写真にはないけど、

後から参加が決まった方々の作品をご紹介します。

酒井泉さんの、金彩の陶ブローチ。

繊細ですが、カジュアル、あるいはカジュアルだけど少し改まってもいる、

磁ではなく陶に金彩の妙だと思います。

 

もうお一方、LA-FAUNE  金崎智恵さんの帽子も出品されます。素敵でしょう。

是非アトリエ木里で被って演じてポーズを決めて、いろいろ試してみて下さいね。

 

他にもリュッカのクッキーボックスや、フルーツケーキ、

マンマミーアのコンフィチュールも各種取り揃えてお待ちしています。

どうぞお楽しみに。

 

あ、それから9日の日曜はおいしい木里の日も行ないます。

久々にRakuda bakelyのおいしいパンが登場です。

シュトーレンも来るみたいですよー。

 

2018.12.06 Thursday|-|by アトリエ木里


まとうもの・かざるもの展の予告2

昨日は DMの裏面の作家さんのお名前3人目までご紹介しました。

今日はその続き。

筒井美津子さんは昨年も出品して下さった作家さん。

そして今年はご主人の木工作家筒井明さんの作る、貝のアクセサリーも出品されます。

お二人は藤野のアートヴィレッジにブ—スを持っていて、

先日お会いして来ました。とっても優しくて楽しい美津子さんの作るストールは

リネンウールという素材。草木染めのナチュラルな色が人間の肌の色と必ずマッチします。

筒井さんはどなたにどの色が似合うかを瞬時に判断出来る方。

在廊日には是非おすすめをまとってみて下さい。

筒井明さんのシンプルで美しい貝のブローチで留めるのもおすすめです。

 

スサイタカコさんのウョウョブローチは面白いですね。

誰も発想しないような、とても個性的で魅力あるかたち、そしてうきうきする色使い。

独特のセンスが、きっと皆様をとりこにします。

お客さまが、さてどの子を連れて帰ろうかな、と悩む姿が目に浮かんでしまいます。

 

池嵜智子さんは今年もいつも好評の布ブローチで参加して下さいます。

他にも、ネックウォーマー、ラップスカートなどもありますよ。

池嵜さんのさすがのセンスでこの冬のおしゃれを楽しんで下さいね。

 

2018.12.06 Thursday|-|by アトリエ木里



profile

selected entries

archives

links

search this site.

others