kiri blog

あなたのために謳う2、始まりました。

ようやく更新です。土日はとても多くの方がお見えになり、三密三密、換気換気、と、頭を使いました。

日曜日には作家さんたちが揃って、良い笑顔、私も嬉しいです。

 

古道具と植物のユニット、ムュゲさん(武田恵子さんとはすいしまさん)の世界は

懐かしくひとつひとつじっくり見たくなります。見るたびに色々想像してしまいます。

古い鉄のサビがなんとも言えない風情です。

古時計とエアプランツ、そしてドライのスワッグなど鉄サビと植物がベストマッチ。

 

小さなケースの中のもっと小さな美しい時計のパーツ。ロマンチック!

 

さとうしのぶさんは銅版画家。その銅板を使って味のある立体を作ったり、大変多才です。

 

こちらはさとうさんの木で作られた猫。良いですねー。

 

さて、和室にはペケキムラさんのペケバッグが並びます。

アトリエ木里での展示も3回目となりますが、常に新しく作品が進化して、少しも休んでいません。

すごいなあ、といつも思います。

 

この二つ、特にペケさんお気に入り。『絵』として、イーゼルに立ててみました。

もちろんバッグでもあります。

まだまだたくさん良いものあります。ぜひご覧くださいね。

2020.09.07 Monday|-|by アトリエ木里


コメント
コメントする








   

profile

selected entries

archives

links

search this site.

others