kiri blog

錬星舎の仕事展2終わりました。

久々の更新ですみません。

錬星舎の仕事展vol2 はオンラインショップとも無事終了しました。

この展示は、5月に行う予定でしたが、緊急事態宣言のさなかで

やむなく延期したものでした。

しかしながら、最初に予定していた5月の会期には外出自粛の効果が出始め

日々感染者が減ってきた時期でした。

それに比べて、解除してから徐々に増え続けても、

コロナとともに経済を動かす、という政策にいつの間にか転換し

ますます感染者数が増え続け、東京都の感染者が300人を超える日々の中の

展示となってしまいました。

多くの方は電車を利用していらっしゃる、という状況の中、

ぜひどうぞ、お出かけくださいと言いづらく、

まあご近所の方だけでも来てくださればいいか、という感じで、

こちらとしてはできる限りの対策を講じて開店することにいたしました。

オンラインショップもその対策の一つでした。

写真撮りや、サイズなどの情報を載せるのも結構な手間でしたが、

結局ベイスというサイトを通してお買い上げの方は一人もいらっしゃらず、

ただ、価格やサイズなどの情報とともに写真を載せた

カタログのようなサイトですから、見ていただいた方から問合せが来たり、

実物を見てみたい、とおっしゃって観に来てくださった方がいたり、

まあ、無駄ではなかったかな、という感じでした。

これからこのサイトを利用するにあたり、

写真の撮り方や枚数、説明文の書き方、またこのサイトの宣伝の仕方など、

まだまだ工夫が必要だということですね。

 

展示を直に観に来てくださった方には、とても評判がよく、

錬星舎さんの作品の良さと、展示の仕方にまで、ありがたいお褒めの言葉をいただいたり、

ギャラリーとしては嬉しいこともたくさんありました。

ここはいい空間ですねー、というお言葉も嬉しく受け止めました。

その後の計算なども終わり、あと一箱パッキングをして

明日お送りし、送金すれば一段落。

次の展示に向けて準備を進めていきます。

その前にちょっと休むかな。

 

9月は展示が2本。

ひとつは9月5日〜13日の、『あなたのために謳う vol.2』

おなじみのペケキムラさんとさとうしのぶさん ムュゲさんの3人(4人)展です。

親しみやすいアートの展示ですよ。詳しくはまた次の更新でお話しますね。

 

後半は19日〜27日の、『花・土・季』

手紡ぎ手織りの西方京子さんと、陶芸の大平真己さん、手作り時計と革小物の、明・衣さんの

3人展。アトリエ木里の本来あるべき姿、上質の工芸の世界です。

こちらも本当は4月に行うはずだった展示です。

 

ということは9月は全部の土日が展示、という月になります。

ああ、なんとか少しでもコロナが収まってくれたら、と祈る毎日です。

ぜひぜひお出かけください、と、本当は心から言いたいです。

ではでは。

 

 

 

2020.08.09 Sunday|-|by アトリエ木里


コメント
コメントする








   

profile

selected entries

archives

links

search this site.

others