kiri blog

いとしいどうぶつたち、無事終了しました。

アトリエ木里61回目の展示となったいとしいどうぶつたち、

8日間の会期を無事終了しました。

毎日毎日、お日さまを見ることもなくて傘の離せない会期でしたが

来て下さった方、そしてお買い上げ下さった方、本当にありがとうございました。

どうぶつをモチーフにして作るお三方は、

銅版画の佐藤恵美さん、陶芸のシマムラヒカリさん、そしてぬいぐるみのnoconoco村田雅美さん。

佐藤恵美さんとシマムラヒカリさんは以前からのお知り合いでしたが、

村田雅美さんはどちらの方とも初対面。

私も百貨店の展示でお会いしたきりで、ほぼ初対面でした。

そういう場合、ものを作る、どうぶつ好き、という共通点がありますが、

どのようにおつき合い頂けるかな、と案じていましたが、

搬入の時のティ—タイムに動物園の話が出たら、もうすぐに打ち解けて盛り上がりました。

どういう動物園が良い動物園か、という話になり、

どうぶつたちが愛されていて大切にされているということが伝わるところがいい動物園だと結論。

村田さんおすすめは、金沢の石川動物園、北海道の旭山動物園、札幌市円山動物園。

それから、市川市動植物園もおすすめとのこと。

どうぶつ愛を感じつつ、和やかに搬入がすみました。

 

展示の方法も学ぶところが多く、奥の小さいほうの部屋の窓べを使って、

庭や公園の緑をバックにどうぶつたちが遊んでいるみたいにぬいぐるみが展示され、

外を通る方の眼も楽しませていました。

 

シマムラさんの、裏に江戸小紋の象嵌をほどこした豆皿を、

鏡の上に少しすきまを開けて置いたアクリル板に載せて裏も同時に見せる展示も、

さすがだと関心しました。ライトを当てると、壁や天井に美しい影を作りました。

いつもながら、それぞれの作家さんが与えられた空間で。手際良くささーっと

ご自分の作品が一番良く見える形に配置されることにいたく感心してしまいます。

そしてこの美しく整えられた空間でお客さまを迎えられることを嬉しく思い、

またこれを一人でも多くの方に楽しんで頂きたいと切に思う初日でした。

 

13日の佐藤恵美さんのメゾチントのワークショップも、直ぐに満席となり、

4人の参加者の方々は大変意欲的に製作されて、作品のレベルも大変高く、

滅多に体験出来ない技法のワークショップを楽しんで下さいました。

いつもながら、みなさんの真剣な静けさがアトリエ木里に満ちて充実の時間でした。

最終日、私と3人の作家さんは皆noconocoさんの絶滅危惧種の鳥のブローチをつけて

記念撮影をしました。再来年、また集まることも約束しました。

 

さてアトリエ木里は8月は夏休み、9月にはまた楽しい展示が始まります。

9月は『あなたのために謳う』ペケさんと仲間たちの展示です。

参加作家はペケキムラさん、村上多恵子さん、珈琲鳥子さん、酒井泉さん、

中村ヨウイチさん、山崎小枝子さん。

なかなかの顔ぶれです。どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.07.19 Friday|-|by アトリエ木里


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

selected entries

archives

links

search this site.

others