kiri blog

早いものであと1週間です

『いとしいどうぶつたち』来週土曜日(7月6日)から始まります。

 

いとしいどうぶつたちは当初、

銅版画の佐藤恵美さんと、陶芸のシマムラヒカリさんの二人展を企画していました。

ご存知佐藤恵美さんは、ワークショップや猫展などで、アトリエ木里では何度もお世話になっている作家さんです。

佐藤さんと言えば猫、という感じでしたが、ここのところ猫以外のどうぶつへの

暖かいまなざしが注目されています。

一昨年の「佐藤恵美ちいさな個展」の際の、HUG という作品。なんて温かい眼差しなんでしょう。

 

シマムラヒカリさんは、ちょうど猫展をやっている時にお見えになって、

陶芸家と伺って、作品の写真を見せて頂きました。

写真はその年の秋の、小皿豆皿展にお出し頂いた時のものですが、

モノトーンの落ち着いた雰囲気で、とってもおしゃれですよね。

 

しかし、インスタグラムでnoconoco村田雅美さんのぬいぐるみに出会ってから、

しばらくみていなかった世界を再発見したような感覚に捕われました。

三越だったかの展覧会に伺うと、ますますその世界がいとおしくなり、

是非参加して頂きたくお願いした次第です。

村田雅美さんのぬいぐるみはとても可愛いですが、

子どもに媚びることなく、キャラクターっぽくならず、

どうぶつ本来の愛らしい姿を求めて、それにぴったりの布素材を選んで作られています。

今回DMのために送って下さった写真はDMのカエルの他に、もうひとつ写真がありましたので、

それをご紹介させて頂きます。

 

ジャーン!!!

なんて可愛いんでしょうね。

 

こちらはDMでご覧になっていると思いますが、この子たちも可愛いですねー。

 

村田さんの展示をデパートに観に行った時に、思わず買ってしまったドードー鳥のブローチも

いつも付けているのでご存知の方も多いと思います。

今回出して頂けるかは分かりませんが、みなさまに村田さんてどんな作品作る方?

という疑問にお答えしたくて載せてみます。

このブローチ、どこに付けて行っても大評判です。

 

今宛名書きがもう少しで終わるところですが、

DMが沢山ありますので、欲しい方はメールして下さい。

直ぐにお送りします。

 

どうぞお楽しみに。是非是非、アトリエ木里でごらん下さいね。

ぬいぐるみは40体ほど展示される予定です。

 

 

2019.06.28 Friday|-|by アトリエ木里


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

selected entries

archives

links

search this site.

others