kiri blog

2019年少しだけ猪突猛進で。

 

アトリエ木里も今年で7年目に入ります。

何も分からないド素人の私が還暦になって始めて何とか続けて来られたのは、

よい作家さんと巡り会えたことと、

地域の方や作家さんに支えられて、お客さまに足を運んで頂けたことだと思います。

 

この仕事を始めていろいろなことが分かりました。

まず、仕事というのは面倒なことを面倒がらずした時に

いい結果が生まれる(ことがある)ということ。

 

それから、ひとつの結果が悪くても、へこたれず前を向いていけば、

良いこともある、ということ。

最近気づいたのは、これでわたしは案外前向きなんだということで、

これは、よきにつけあしきにつけ、鈍感であるということかも知れません。

打たれ強い、というより、打たれていることに気づいていないのかも(笑)。

(たまに気づくとちょっとだけ凹みます)

 

そういえば、小学校一年の通知表の生活態度の欄では、

決まりは守れるか、という項目だけ、あまり気にしない、という評価でした。

そのことで、両親からはいつも「絵里は”あまり気にしない”だから、」と笑いの種にされていました。

そのうちなんとかなる、という、鷹揚な両親のおかげで

あまり矯正されず、のびのびと育っていったのは、

他のことでは信頼されていたからかも知れません。

無頓着でマイペースだった私は還暦を過ぎてもあまり変わっていないのですね、きっと。

 

さて正月休みも終わり、確認しなくてはならないこと、

行かなくてはならないところ、

メールで再度お願いしなくてはならないことなど

いろいろ仕事が待っています。

ひとつひとつ丁寧に、面倒がらず、少しだけ猪突猛進で、

今年も頑張って行きたいと思っています。

 

さて今年の予定は次の通りです。

決まっている作家さんのみを載せましたが、まだ追加や変更はありますので

その都度更新していくつもりです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

2019.01.04 Friday|-|by アトリエ木里


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

selected entries

archives

links

search this site.

others