kiri blog

まとうもの・かざるもの展の予告2

昨日は DMの裏面の作家さんのお名前3人目までご紹介しました。

今日はその続き。

筒井美津子さんは昨年も出品して下さった作家さん。

そして今年はご主人の木工作家筒井明さんの作る、貝のアクセサリーも出品されます。

お二人は藤野のアートヴィレッジにブ—スを持っていて、

先日お会いして来ました。とっても優しくて楽しい美津子さんの作るストールは

リネンウールという素材。草木染めのナチュラルな色が人間の肌の色と必ずマッチします。

筒井さんはどなたにどの色が似合うかを瞬時に判断出来る方。

在廊日には是非おすすめをまとってみて下さい。

筒井明さんのシンプルで美しい貝のブローチで留めるのもおすすめです。

 

スサイタカコさんのウョウョブローチは面白いですね。

誰も発想しないような、とても個性的で魅力あるかたち、そしてうきうきする色使い。

独特のセンスが、きっと皆様をとりこにします。

お客さまが、さてどの子を連れて帰ろうかな、と悩む姿が目に浮かんでしまいます。

 

池嵜智子さんは今年もいつも好評の布ブローチで参加して下さいます。

他にも、ネックウォーマー、ラップスカートなどもありますよ。

池嵜さんのさすがのセンスでこの冬のおしゃれを楽しんで下さいね。

 

2018.12.06 Thursday|-|by アトリエ木里


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

selected entries

archives

links

search this site.

others