kiri blog

現代版金継ぎワークショップを終えて

9月1日と8日は、現代版金継ぎワークショップでした。

私を含めて午前午後8名が参加し、良い時間を共有することが出来て、

アトリエ木里のワークショップはいいなあ、と思いました。

 

ワークショップは、技法を学んで作品や、自分の出来ることが増えるのが嬉しいのですが、

それ以上に、無心になれる良い時間を持てる、という面があると思います。

日常の仕事や家事や育児をいっとき忘れて、手を動かし集中する時間。

自分のためだけの時間。これは老若男女全ての人間にとって大切な時間ですよね。

何かを専門家に習う、ということが嫌いでないひとなら、

手先のことは苦手、とか絵心がないから、と言うのは全く関係ないと思います。

なぜなら、講師はそう思いこんでいる方でも充分楽しめることを用意されてるからです。

 

三重野景子先生は、本当にそれぞれのうつわに合った直し方を丁寧に教えて下さり、

金継ぎの奥深さも垣間みることが出来ました。

私は、前回藤が丘のモノショップギャラリーでのワークショップに参加したので、

今回はリピーターとして参加しました。

2回目と言うこともあって、ちょっと前回より難しいうつわ直しに挑戦しました。

ひとつは高田焼(こうだやき)の大きな花瓶。

これは子どもの頃落として縁を欠いてしまい、

叱られたわけではないけど、母が大切にしたものを壊したことが

ずっと澱のように心にあって、いつか直しに出したいと思っていたものでした。

欠けが大きくて直せるか心配だったけど、

ゆっくり固まるパテを使うことを教わって、何とか直せました。

古いものなので、直した部分も古い感じを出すために、

金粉を入れた新うるしに黒漆を少し混ぜて塗り、

完全に乾いたあとで2000番のサンドペーパーを掛けることが宿題となっています。

 

それともうひとつは、買ってすぐに落として、繊細な透かし彫りの入った蓋のつまみと

注ぎ口を欠いてしまった急須。

蓋のつまみは新しくパテで作り、丸く磨いて、

注ぎ口は水を入れて注いでみながら作りました。

そして、金粉と銀粉を混ぜ、シャンパンゴールドにして渋い感じに仕上げました。

もちろん、オリジナルの美しさとは全然違いますが、何だか楽しい急須になりました。

先生は褒め上手。私も調子に乗って、転職を考えたりしました(笑)

 

うつわを直してもうひとつ分かったことは、

元の作品のそれぞれが全然違うと言うこと。

作家さんの手によって、飲み口のカーブ、ヘリの処理などに個性があって、

元の形と同じように作ろうとすることによって、

作品の特徴や、ひいては作家さんの思いなどまでを理解することが出来るのでは、

とも思いました。

今回の参加者の中にリピートしたい方もいらっしゃるので、

次回は来年春に、と考えています。

また、使用した材料や道具は東急ハンズなどで簡単に揃えることが出来、

それほど高価でもないので、忘れないうちに家で復習しておけば

また壊れた時にもご自分で直せるようになります。

 

 

 

 

2018.09.09 Sunday|-|by アトリエ木里


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

selected entries

archives

links

search this site.

others