kiri blog

7月も半ばに。

「きのうつわとおかし」が終わってから、いろいろ忙しいことがあって、

ようやくパソコンをひろげてブログを書こうかと。

長い長い展示のお休みに入って申し訳ないのですが、

アトリエ木里次のイベントは、現代版金継ぎワークショップです。

 

三重野景子先生のこのワークショップに参加したのが6月だったかしら。

田園都市線藤が丘の、モノショップギャラリーという、とてもすてきな場所での開催でした。

私はずっと金継ぎに興味が合って、参加してみたい、アトリエ木里でもいい先生が見つかったら

是非ワークショップをしてみたい、と思っていました。

 

勇気を出して藤が丘のギャラリーへ申し込み、実は藤が丘は案外行き易いところだったのですが、

参加して良かった!と思えるような楽しいワークショップでした。

先生がそれぞれのうつわに合った直し方を丁寧に教えて下さり、和気あいあいと真剣な中にも

笑い声も起こるような楽しいワークショップでした。

リサイクルショップでたった600円で買ったけど、とても気に入っていたスープ皿を

私は何ヶ月か前に壊してしまい、諦めて不燃ゴミ回収の日を待つ場所に保管していました。

そして、ワークショップ開催日が不燃ゴミ回収日の前日くらいだったので、

件のスープ皿を救い出し、他の作家ものの湯のみ、蕎麦猪口と共に持って行きました。

湯のみや蕎麦猪口は欠けだったので、わりと簡単に直すことが出来ましたが、

スープ皿は割れたかけらが2つ、そしてよく見るとヒビがずっと奥まで入っていました。

ヒビを先生が見つけた時は、無理かな、とも思いましたが、

そこは三重野先生の丁寧なご指導で、何とか直すことが出来ました。

出来上がったうつわは、なぜでしょう、ますます愛着のうつわになりました。

それで早速アトリエ木里でもワークショップをして下さるよう、お願いした次第です。

左のスープ皿、アヒルが三叉路からとことこやって来るような面白い絵になりました。

そのことに気づかせて下さった、モノショップギャラリーのオーナーの

イラストレーター、オザワミカさんにも感謝です。

 

今のところ、10時〜の会はまだ1名分の余裕があります。

またもっと沢山のお申し込みがあれば、13時〜17時の会も企画しています。

 

 

2018.07.11 Wednesday|-|by アトリエ木里


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

selected entries

archives

links

search this site.

others