kiri blog

アトリエ木里の次の展示は「森と風」。

彼岸の中日のこの寒さ。雪も降るという。

今日が寒さのとどめとなって文字通り暑さ寒さも彼岸までとなってくれたらいいのにね。

 

さて猫展も終わってはや一ヶ月が経ちますが、次の展示は『森と風』。

副島泰嗣、微美子ご夫妻による、本当に美しい白磁の器と

大田区の誇り、フォレストの蒲田切子の2つの工房展です。

毎年行なって来ましたが、切子ガラスと白磁がとても美しく楽しく呼応して、

アトリエ木里がこの季節にふさわしいような明るく品の良い空間になります。

工芸作家の、自身の作品に対する厳しい目があって、美しい上質の作品が生まれるのだなあ、と

いつも感心させられます。両工房の、確かな技術と厳しい目があるからこそですね。

また、親しみやすい価格でもセンスあふれる物もいろいろあります。

是非アトリエ木里で春の花の季節の展示を楽しんで下さい。

 

2018.03.21 Wednesday|-|by アトリエ木里


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

selected entries

archives

links

search this site.

others