kiri blog

さていよいよ明日から木里のおくりもの展2017

小皿豆皿展が終わって一息つく間もなく、明日2日よりおくりもの展が始まります。

作家さんお一人ずつ紹介していきますね。

 

中尾正昭さん。

アトリエ木里で最初に個展をしてくださった作家さんです。

それ以来、おくりもの展に毎年参加されています。

中尾さんのうつわは料理がしっくりおさまってとっても使いやすいので、

私も家で沢山使っています。

写真は昨年のおくりもの展の様子。

 

高橋安子さん。

アトリエ木里ではすっかりおなじみの陶人形作家です。

去年のや・ゆ・よ・展では高橋さんの素敵な世界を演出してくれました。

 

関理沙さん。

がま口小物はおくりもの展の人気アイテムです。

天然皮革の外側にぴったりの、それはそれは素敵なプリント生地で内側は、使う人だけのお楽しみ。

おくりもの好適品ですね。

 

昨年から参加の明・衣さん。

手作り腕時計の作家さんです。私も実はひとつ持っています。

こんな腕時計だれももっていないでしょう、とちょっと自慢で腕まくりしたくなります。

他にも素敵な腕時計がたくさんありますよ。

 

保立葉菜さん。

他のギャラリーの展示で初めて見て、胸の辺りがざわざわっとしたので、

お願いしました。本当に素晴らしい木版画です。

そのときに購入した、画集です。

確かその時の個展のタイトルが『わくわくぽかぽか』。

本当にわくわくぽかぽかです。

 

筒井美津子さん。

先日藤野のアートヴィレッジにお邪魔した時に作品を拝見しました。

実際使っていてとっても軽くて暖かく、

それに何と言っても草木染め。柔らかな色合いは人間の肌色に無理なくなじみます。

 

chumart-ちゅまるとさん。

何ともはかない花びらを陶で作る、不思議でたいへん魅力的なアクセサリーを作る方。

実はまだお会いしたことが無いけど、ファンは多いはずです。

最近ブローチにはまっている私もぜひひとつ欲しいと思っています。

 

飾屋しろがねさん。

やはり藤野のアートヴィレッジでお会いして、お願いしました。

なんとご紹介したらいいでしょう、とっても寒がりの好青年(!)

シルバーアクセサリーですが、天然石のほか、千代紙なども使っての

すてきなペンダントなど、わりとリーズナブルな価格での一点物です。

 

そして最後に参加が決まった、池嵜智子さん。

昔からの友人の洋服作家さん。

ミシンで絵を描く池嵜さんは、

今回はおえかきポーチとキューブBOXを出品してくださいます。

 

他にもマンマミーアのコンフィチュール、リュッカのフルーツケーキ、クッキーボックスなど、

おいしいものもいろいろありますよ。

ご来店をお待ちしています。

2017.12.01 Friday|-|by アトリエ木里


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

selected entries

archives

links

search this site.

others