kiri blog

小皿豆皿で楽しむ秋の食卓 終了しました。

晩秋の一番好きな季節の展示でした。

寒い日、暖かい日いろいろありましたが、

日差しのある日は風が冷たくてもアトリエ木里の中は温室のように暖かく、

アトリエ木里の陽当たりの良さを有り難く思います。

来てくださり、お買上げ下さったお客さま、

本当にありがとうございました。

 

小皿豆皿ならば、他にはない作家もののうつわをお客さまの食器戸棚の片隅に収めてくださるだろう、との思いと、

またアトリエ木里のメインのテーブルの上を様々な小皿豆皿で埋め尽くすことをイメージして、

企画しました。

木里としては、初めての柿渋染めに挑戦しテーブルに秋色の布を準備しました。

染め物としてはお恥ずかしい出来でしたが、うつわを並べると、なかなか他に無い色合いで

秋の食卓になったかな、と思いました。

 

お客さま方が小皿豆皿を楽しんで選んでくださる様子を見て、

こちらも嬉しくなりました。

 

アトリエ木里としては初めての4人の陶芸家と、1人のガラス作家のグループ展。

陶芸と言っても幅広く奥深く、4人それぞれが違う技法、作風で

私も大変勉強になりました。

親睦会では4人の陶芸家ならではの技法などの説明要らずのトークに耳を傾け、

陶芸の奥深さ、幅広さを感じました。

どんどん耳年増になる私(実際年増ですが)。

ぜひ陶芸教室で陶芸を実際に体験してみたいと強く思いました。

ガラス作家のアキノヨーコさんのレースのガラスには

多くのお客さまが関心を持たれ(というか殆ど感動され)ました。

工程をファイルにまとめたものを作ってくださっていたので、説明に役立ちました。

 

搬出の日、梱包作業を終えて一息入れていたとき、

1人の作家さんが、

ああ、楽しかった、と言って下さり、

私はたいへん嬉しく思いました。

 

ギャラリーとしては、お客さまも作家さんも楽しんで頂ける場所を提供できて

開設の時の願いが叶ったように思いました。

 

片付けのあと、秋の食卓を彩ってうつわが映えるように活躍してくれた植物の写真を撮ってみました。

ありがとう、おつかれさま。

 

さて明後日からはおくりもの展。

がらっと変わってクリスマス仕様です。

木里のおくりもの展については

またお知らせします。

 

 

 

 

 

 

2017.11.30 Thursday|-|by アトリエ木里


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

selected entries

archives

links

search this site.

others