kiri blog

奏でる絵にはこんな方々が。4

日紫喜洋子さん

日紫喜さんに初めてお会いしたのは、横浜のエリスマン邸で福音館のこどものともの絵本『はじめてのはみうりうり』の原画展の時でした。

力強いモノクロの木版画を見て、それから日紫喜さんにお会いして、作者はこんなにお若い方なのだとちょっと驚いたことを覚えています。

昨年、日紫喜さんの二冊目のこどものともとなった、『ちいさなあかいにわとり』の原画展をアトリエ木里で行なうことが出来て、多くの方に観て頂きました。

奏でる絵にお誘いしたのは6人中最後でしたが、DM用にこんなにすごい絵を送って下さりちょっと感動しました。

6人分の小さな画面ではきっと分からないと思うので、大きく掲載してみました。

下の2枚の写真は昨年のアトリエ木里の原画展の様子です。二枚目は原画でなく、日紫喜さんの木版画です。

 

2017.09.20 Wednesday|-|by アトリエ木里


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

selected entries

archives

links

search this site.

others