kiri blog

2019年少しだけ猪突猛進で。

 

アトリエ木里も今年で7年目に入ります。

何も分からないド素人の私が還暦になって始めて何とか続けて来られたのは、

よい作家さんと巡り会えたことと、

地域の方や作家さんに支えられて、お客さまに足を運んで頂けたことだと思います。

 

この仕事を始めていろいろなことが分かりました。

まず、仕事というのは面倒なことを面倒がらずした時に

いい結果が生まれる(ことがある)ということ。

 

それから、ひとつの結果が悪くても、へこたれず前を向いていけば、

良いこともある、ということ。

最近気づいたのは、これでわたしは案外前向きなんだということで、

これは、よきにつけあしきにつけ、鈍感であるということかも知れません。

打たれ強い、というより、打たれていることに気づいていないのかも(笑)。

(たまに気づくとちょっとだけ凹みます)

 

そういえば、小学校一年の通知表の生活態度の欄では、

決まりは守れるか、という項目だけ、あまり気にしない、という評価でした。

そのことで、両親からはいつも「絵里は”あまり気にしない”だから、」と笑いの種にされていました。

そのうちなんとかなる、という、鷹揚な両親のおかげで

あまり矯正されず、のびのびと育っていったのは、

他のことでは信頼されていたからかも知れません。

無頓着でマイペースだった私は還暦を過ぎてもあまり変わっていないのですね、きっと。

 

さて正月休みも終わり、確認しなくてはならないこと、

行かなくてはならないところ、

メールで再度お願いしなくてはならないことなど

いろいろ仕事が待っています。

ひとつひとつ丁寧に、面倒がらず、少しだけ猪突猛進で、

今年も頑張って行きたいと思っています。

 

さて今年の予定は次の通りです。

決まっている作家さんのみを載せましたが、まだ追加や変更はありますので

その都度更新していくつもりです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

2019.01.04 Friday|-|by アトリエ木里


まとうもの・かざるもの展、無事終了しました。

 

 

まとうもの・かざるもの展にやってきた藤野アートヴィレッジの妖精たち

 

おかげさまで今年度最後のアトリエ木里の企画展も無事終了しました。

昨年があまり芳しくなかったのでいろいろ改革をしました。

昨年までの、木里のおくりもの展を改め、身に着けるものだけの展示にしたいと思い、

まとうもの・かざるもの展に変更しました。

それまでは、陶磁器、人形なども含めた、おくりもの展でしたが、

殆どの方がご自分へのおくりものをお求めになっていたことをふまえ、

思い切って女性のお客さまに喜んで頂けるものを中心に考えた企画展に変更しました。

 

また、今までは10名近い参加作家さんの作品写真を載せるのはとても無理と考えて

DMもアトリエ木里で作ったクリスマスを意識した絵のものにしていました。

しかし、お客さまの立場から考えると、

どんな作家さんがどんなものを出しているかがはっきり分かるほうが

興味を持って下さるだろうと、作品写真を載せることにしました。

写真をパラパラと並べた感じのDMは、分かり易くて良かったと思います。

 

もうひとつ考えたのが、開催時期です。

ずっと無縁だったので、つい忘れがちだったボーナスの時期を考慮しての期間にしました。

つまり、今までより一週間遅くしたのですが、ちょっとした誤算がありました。

師走の一週間は気温がぐっと下がり、また日が暮れる時間の早くなるものなんですね。

会期中は寒くて寒くて、昨年出さなかったガスファンヒーターを出して

暖かくしてお客様をお迎えしました。

 

企画自体を見直したこと、DMを変えたこと、開催時期をずらしたことなどが功を奏して

結果、昨年より数字的にはだいぶ良くなり、改革してよかったと思いました。

展示の企画も、毎年変わらないでいるとだんだん飽きられてしまいます。

今年は様々な点をこれで良いのか、と考え直して、悩む一年でした。

少しずつ変化をしていかなくてはと意識した一年でした。

アトリエ木里を心配して、アドバイスをして下さった作家さんには

本当に感謝しています。

言い難いだろうこともズバズバ言って下さって、目が覚めました。

 

さて来年は珍しく、殆どの月で企画が決まっています。

1月2月はお休みし、3月からです。

3月は縁があって、長野在住のガラス作家、

池上直人さんと西村由美さんのガラス工房「錬星舎」の展示です。

ウェブサイトは以下のURLです。

http://www.renseisya.net

 

ぜひ訪問してみて下さい。本当に美しいです。

このお二人の展示が出来ることをアトリエ木里も楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.12.18 Tuesday|-|by アトリエ木里


まとうもの・かざるもの展、ついに最終日

8日間の展示も今日で終わりです。

まだの方で、そういえばあの方にプレゼント選んでないわ、とか

ご自分への一年間のご褒美に、という方、ぜひアトリエ木里を覗いてみて下さいね。

まだまだ、いいモノが沢山ございます。

売れてしまって数少なくなった作家さんは追加納品もしてくれていますよ。

 

池嵜智子さんのネックウォーマー、カラフルなのがまだあるし、

 

 

丸山亜美さんの暖かい軽くて柔らかいフェルトのマフラーもいろいろ。

 

 

文袋さんのバッグも追加され、手ぬぐいの使い方の手ぬぐいとか、高尾山の天狗の手ぬぐいを

使ったものとか、

 

カラフルな地に歌手という、カクテルライトというタイトルのバッグの裏側は

ピアニストの手なんですよ。飾屋しろがねさんの天然石のアクセサリーは日を浴びてきらきら。

 

 

そして筒井明さんのこの倚子!けやきの材で出来ています。筒井美津子さんのストールを展示するために

搬入されましたが、その座り心地が素晴らしく、ちょっとブームに。固い密度のある材質なので、

とても安定感があって、本当に素敵。ぜひアトリエ木里で座ってみて下さいね。

もちろん明さんの貝のブローチもお試し下さい。

2018.12.16 Sunday|-|by アトリエ木里


飾屋しろがねさんの天然石とシルバーのアクセサリーが素敵すぎる!

石のちからにシルバーが寄り添って、本当にすてきなアクセサリーです。

ぜひアトリエ木里の鏡の前でお試し下さい。一年間頑張った自分へのご褒美にぜひ。

ぴったりのが見つかると嬉しいですね。

2018.12.13 Thursday|-|by アトリエ木里


おいしいものも揃いました。

 

まとうもの・かざるもの展は今日で3日目。

土日に比べてなんて静かなんでしょう。

昨日、リュッカのクッキーボックス、Rakudaベーカリーのシュトーレンも届き、

種類も豊富なマンマミーアのコンフィチュールとともに

おくりものにも最適な美味しいものがいろいろ揃っています。

ぜひご利用下さい。

 

2018.12.10 Monday|-|by アトリエ木里


今日からのまとうもの・かざるもの展、飾り終えました。

昨日、ようやくかざり終えました。

思ったより、盛りだくさんな感じで、今日全部はご紹介出来ていませんが、

楽しい展示となりそうです。今朝またもう少し手を加えたいと思っています。

作家さんたちが心をこめて作ったものが

良い顔を見せるように今朝もうひと頑張りします。

どうぞアトリエ木里へ、お越し下さいませ。

 

2018.12.08 Saturday|-|by アトリエ木里


まとうもの・かざるもの展の予告3

すみません、細切れの投稿で。

 

まとうもの・かざるもの展のDMの写真にはないけど、

後から参加が決まった方々の作品をご紹介します。

酒井泉さんの、金彩の陶ブローチ。

繊細ですが、カジュアル、あるいはカジュアルだけど少し改まってもいる、

磁ではなく陶に金彩の妙だと思います。

 

もうお一方、LA-FAUNE  金崎智恵さんの帽子も出品されます。素敵でしょう。

是非アトリエ木里で被って演じてポーズを決めて、いろいろ試してみて下さいね。

 

他にもリュッカのクッキーボックスや、フルーツケーキ、

マンマミーアのコンフィチュールも各種取り揃えてお待ちしています。

どうぞお楽しみに。

 

あ、それから9日の日曜はおいしい木里の日も行ないます。

久々にRakuda bakelyのおいしいパンが登場です。

シュトーレンも来るみたいですよー。

 

2018.12.06 Thursday|-|by アトリエ木里


まとうもの・かざるもの展の予告2

昨日は DMの裏面の作家さんのお名前3人目までご紹介しました。

今日はその続き。

筒井美津子さんは昨年も出品して下さった作家さん。

そして今年はご主人の木工作家筒井明さんの作る、貝のアクセサリーも出品されます。

お二人は藤野のアートヴィレッジにブ—スを持っていて、

先日お会いして来ました。とっても優しくて楽しい美津子さんの作るストールは

リネンウールという素材。草木染めのナチュラルな色が人間の肌の色と必ずマッチします。

筒井さんはどなたにどの色が似合うかを瞬時に判断出来る方。

在廊日には是非おすすめをまとってみて下さい。

筒井明さんのシンプルで美しい貝のブローチで留めるのもおすすめです。

 

スサイタカコさんのウョウョブローチは面白いですね。

誰も発想しないような、とても個性的で魅力あるかたち、そしてうきうきする色使い。

独特のセンスが、きっと皆様をとりこにします。

お客さまが、さてどの子を連れて帰ろうかな、と悩む姿が目に浮かんでしまいます。

 

池嵜智子さんは今年もいつも好評の布ブローチで参加して下さいます。

他にも、ネックウォーマー、ラップスカートなどもありますよ。

池嵜さんのさすがのセンスでこの冬のおしゃれを楽しんで下さいね。

 

2018.12.06 Thursday|-|by アトリエ木里


さて今週末からは、まとうもの・かざるもの展

ついこのあいだペケバッグてんが終わったと思ったのに、もう明々後日から次の展示ですね。

まとうもの・かざるもの展は、身につけて楽しいものばかりを集めての展示です。

去年までは木里のおくりもの展と呼んでいましたが、今回は身に着けるものばかりを選んで、

よりいっそう楽しい展示を企画しました。

内容はDMに書いてあるとおり、冬に向けての作家ものの楽しい小物たちです。

 

丸山亜美さんのフェルトのマフラーは、

普通のフェルティングの作品よりずっと薄くて軽く、柔らかく作ってあります。

固くてごわごわしていない、極限の薄さをめざして、独特の技法で作

られています。

 

文袋さんの布バッグは

文袋さんの確かな目で選んだ生地で大変丁寧に作られた、持つと楽しくなっちゃうような袋ものです。

私もひとつ持っていて、軽くて持ち手も持ち易く、毎日の買い物のお供になっています。

 

飾屋しろがねさんは、昨年も出して下さった方です。素晴らしい天然石を買い付けて、

それに会ったシルバーの加工をして、素晴らしいアクセサリーを作っています。

先日藤野のアートヴィレッジでお会いしたときにおっしゃっていましたが、

アートヴィレッジの他の作家さんとのコラボ作品もお持ちになるということです。楽しみですね。

 

ソーラークオーツのペンダントトップ。

真ん中に花が咲いているようですね。

 

オレゴンサンストーンの原石を使った、V字型のペンダント。

 

ベラクルスアメジスト(原石)を使った、ブレスレット。

 

他にもいろいろ持って来て下さるそうです。

 

では他の作家さんはまた明日。更新します。

 

 

 

 

 

2018.12.06 Thursday|-|by アトリエ木里


ペケさんのペケバッグてん無事終了しました。

会期中は殆ど雨も降らず、大好きな11月の秋晴れの陽気でした。

 

ペケさんのペケバッグてん、楽しい展示でした。

どんな方もつい引き込まれてしまうような

魅力あるペケキムラさんのお人柄と醸し出す雰囲気が作品にも溢れていて、

アトリエ木里はこの9日間、愛のある空間になっていました。

古くからのお客さまは、ペケバッグのリピーターたちでいらっしゃって、

お持ちのバッグはみんなペケバッグでした。

そしてそういう方々は皆ペケさんの作品をご覧になるだけでなく、

ペケさんとお話がしたくて集まっているように感じました。

私もまた、ペケさんとお話しするのが楽しくて、

ギャラリー主は陰の存在であることが好ましいということをすっかり忘れて、

ついつい話してしまいました。

ペケさんと初対面の方も打ち解けて、楽しい時間を過ごされたと思います。

ペケさんとお話ししていると、なぜかとても励まされているように感じたのは

私だけではないと思います。

 

一度会うと、また会って話したくなる、そういうペケさんの作品もまた、

ひとつ持っているとまた欲しくなる、と言う魅力あるものです。

 

展示してあるものを見るのと、実際肩にかけたり腕に通したりして

鏡の前に立って見るのとでは大違い。

自分では似合わないかと思っていたものが、ぴったり似合ってしまったり

また、持ってみて初めてその軽さに驚くことも、楽しい裏切りです。

いろいろ試着したり、自分に会わせてみるのは本当に面白い。

実際買わなくても、持ってみて、演じてみる、

あるいはアートを体験するような楽しさ。

いつもと違う自分を発見する喜び。

そういうことも今回の展示には沢山ありました。

以前小野彩香さんのフェルトの帽子とバッグの展示の際も

同じことを感じました。身に着けるものを試すのは楽しい!

 

私ももうひとつ欲しいなと思いながら、いろいろ試して見ていると、

自分によく似合ってこれだと決めたものから売れてしまう、と言う、

これまた嬉しい誤算もありました。

最後にこれはどうかな、と思ったものがなかなか似合ったので

これでよし、と私もペケバッグ2号を手に入れました。

 

来年もペケさんの展示ありますよ。

次回はペケさんとなかまたちのグループ展になります。

どうぞお楽しみに。

 

 

 

 

2018.11.27 Tuesday|-|by アトリエ木里



profile

selected entries

archives

links

search this site.

others