kiri blog

Tシャツと夏の布もの展が終わり、しばらく経ちましたが。

もうずっと昔のような気がしますね。

Tシャツ展はこの季節に行なうのにとてもいい企画だと思って、

昨年から始めました。

アパレル界に属していないアーティストの皆さんに、無理やり着るものを作って頂くという、

ある意味無謀な企画ではありましたが、逆にほかにない楽しさがありました。

例えば市販の、またイベントなどで販売されるプリントTシャツでは、

だいたい前か後ろに、大きさも制限があるデザインがひとつ。

自由に作家さんに描いて頂いたTシャツは絵の大きさ制限無し、柄のある場所も自由、しかも多色。

その上手刺繍などもポイントに配置され、本当に一点ものの楽しさ溢れる作品が多かったです。

作家さん方には、こんなに大きな絵を、紙やキャンバスに描いたらどんな値段になるかわからない作品も、Tシャツとしてお買い上げ頂ける価格で出して頂きました。

なので、これは着るけど、これは飾っておきます、と2枚買って下さった方もいらっしゃいます。

もちろん課題も残りました。

アトリエ木里に来て下さるお客さまの年齢層と体型と、

作家さんがたの年齢層と体型とのギャップ。

これのLはないの?と訊かれることもしばしば。

だからといってみんな大きいサイズだと逆に小柄のお客さまには困ってしまう。

難しいですねー。お店をすると言うことは。

わかったこともひとつ。

気に入ったデザインでぴったりのものがあれば、

法外な価格でないかぎり、お買上げ頂けると言うことです。

今年もまたいろいろ勉強になりました。

参加作家さんの中でただひとり洋服専門に作っていらっしゃる池嵜智子さんのパンツは

今年も好評でした。初めてパンツをはいてみた方はみなさま異口同音に

「楽〜!なのにカッコいい!」とおっしゃいました。

 

アトリエ木里はしばらく展示はお休みとなります。

夏の間、これからワークショップやイベントをしていきたいと思っています。

まだ日程は決まっていませんが、佐藤恵美さんのメゾチントのワークショップも行ないます。

たまにはフリマも、とも。

また、秋にはテーマ『音楽』の絵画展もあります。

音楽はゴーシュのセロの響きから、クラシック、ロックなどジャンルを問わずです。

これは若い作家さん(皆30代)6人でのグループ展です。

私も楽しみにしています。

皆さまもお楽しみに。ぜひ見に来て下さいね。

 

Tシャツ展会期中、アトリエ木里の花壇のオレガノを酒井泉さんの花器に活けました。

木里の庭にはびこるドクダミの花も門脇陽子さんの花器に活けました。

酒井さんも、門脇さんも、11月の陶芸4人展に参加して下さいます。

こちらもお楽しみに。

 

 

2017.06.16 Friday|-|by アトリエ木里


6月4日はおいしい木里の日、そしてTシャツ展最終日です。

明日の日曜は、おいしい木里の日です。Tシャツと夏の布もの展、明日で最終です。どうぞ合わせてご利用下さい。

2017.06.03 Saturday|-|by アトリエ木里


楽しいコーディネート

Tシャツと夏の布もの展、いよいよ余すところ今日明日の二日です。

お天気には恵まれ、どしゃ降りの日は休廊日でした。今日も梅雨前のいいお天気になりそうです。

少し展示に余裕ができたので、楽しいコーディネートをしてみました。

ぜひお見逃しなく。

アトリエ木里はこの展示が終わるとしばらくお休みになります。

ぜひぜひお出かけ下さい。

なお明日6月4日の日曜日はおいしい木里の日もございます。

こちらもよろしくお願いします。

Tシャツに合うように、池嵜智子さんのパンツをお願いしましたが、

試着されたお客さまは、ほとんどの方が、

楽なのに形がいい!と言って下さいます。

それは、長年池嵜さんのパンツを愛用している私も、まったく同感です。

ぜひ お試し下さいね。

2017.06.03 Saturday|-|by アトリエ木里


Tシャツ展始まっています。

27日の日曜から、Tシャツと、夏の布もの展始まっています。

楽しい楽しい、手描きや刺繍のTシャツがアトリエ木里の壁一面に展示されています。

まるで洋服屋さんのようです。もちろん試着室もございます。

Tシャツだけでは物足りないので、池嵜智子さんのパンツなどが奥の部屋にご用意しています。

それから、グッズ類もいろいろ。すぎはらゆりさんのトートバッグ、手ぬぐいのほか、

時松はるなさんのピンバッジ、大きいトート、ポーチやシール、

鹿子木美さんのマグカップや,ボウルなんかもあるのです。お楽しみに。

2017.05.29 Monday|-|by アトリエ木里


Tシャツ展、作家さんから作品写真が届いています。

明後日からのTシャツと夏の布もの展の作品の一部を紹介します。どうぞお楽しみに。

 

猫展ですっかりアトリエ木里でも人気者になった、大活躍のすぎはらゆりさんのTシャツ

 

池嵜智子さんの可愛いチャーム。ほかにもらくちんパンツなどボトムスもいろいろあります。

 

鹿子木美さんのTシャツもすてき。

 

2017.05.25 Thursday|-|by アトリエ木里


6月4日はおいしい木里の日

 

 

2017.05.21 Sunday|-|by アトリエ木里


休むと決めて休む

仕事を始めてから、休むのがヘタになりました。

何となく過ぎていくというような一日を過ごすことが苦手に。

今日はこれをしてあれをして、と言うふうに予定を立てて

そのとおりにやらないと落ち着かない。

仕事が特にない時は、家事をするにもそういう感じ。

何もない日(普通に三度の飯と洗濯などはする)でも、

急に思いついてトイレの掃除を徹底的にしたり、草むしりをしたりすると

今日は充実していた!とビールが旨い(嘘、お酒はほとんど飲まない)。

すきまの時間を見つけて、何か仕事を入れたくなる。

のんびりテレビでも見てごろっとしていることが苦手となってしまいました。

 

先日もちょっと時間があったので、絵本屋ティールグリーンに自転車を飛ばし、

アイスチャイなどを頂き、久々にのんびりしました。

わざわざ時間を作ってのんびりする。

そんな感じです。

なんだか、休むのがヘタになっちゃった、と、店主と話していたら、

その方も私も同じ!と。

働き者になっちゃったねー(いえ、彼女は元々働き者です!)と笑いました。

 

そんな私ですが、来週は関西方面に旅行します。

はじめてネットでホテルを取り、そのほうが安いから、と

金券ショップで新幹線の切符を手に入れ、駅で席を指定しました。

金券ショップって薄暗いんじゃないかと、怖いイメージがあったけど、全然怖くなく、

指定を取るために駅に行く途中で、いくらで買ったかすっかり忘れて

また金券ショップに戻って値段を聞いた時もバカにされず、

イケメンのお兄さんがやさしく教えてくれました。

 

ネットでホテルを取るって、これでいいの?という不安があるけど、これでいいの?

カタカナの名前と、カード番号を入れただけだけど。

それでちゃんと予約出来ているのかなー。

カード番号悪用されてないかなー。

とずっと不安であります。

でも予約をプリントアウトしたから、これ持っていけば大丈夫だよね。

あー、おばちゃん、全然時代についていってない。

だってね、わたしここ数年旅行をした事がないのです。

それにその前も誰かがアレンジしてくれてそれに乗る、ということしかしていない。

でもいろいろわかって来たから、来週三日間関西を楽しんで来ますね。

3日間食事作らなくてもいいのね!

 

 

2017.05.13 Saturday|-|by アトリエ木里


森と風Vol.4 終了しました。

4回目の2工房展『森と風』、無事終えることが出来ました。

来て下さった方、お買上げ下さった方、本当にありがとうございました。

2つの工房、フォレストと静風舎、それで『森と風』、

フォレストの鍋谷孝さんが、最初に決めてくれた展示タイトルなのです。

この季節にぴったり、しかも工房の名前がちゃんと入っています。

アトリエ木里の前の公園の銀杏がみるみるうちに緑陰を作り、

さわやかな風がアトリエ木里の中を通り抜けていく4月の半ば。

ちょうどわたしの誕生月でもあり、この季節、何ともうきうきします。

蒲田切子のフォレストと白磁の静風舎は、

いつもながら完成したデザインと確実な技術によって一流の作品を生み出していますから、

アトリエ木里の空間はその作品のおかげで美しく整いました。


蒲田切子の水鏡のデザインは大田区では特に知られていると思いますが、

そのデザインを静風舎の副島泰嗣さんが白磁のカップにアレンジして下さいました。

モダンでとてもすてきな、フリーカップ、マグカップ、蕎麦猪口などはとても人気がありました。

アトリエ木里『森と風』限定のデザインと聞いて嬉しく思いました。

けれども、多くのお客さまには、これはひとつひとつ作家さんが彫っているんです、

とお伝えしなければなりませんでした。

それは蒲田切子についても同じで、

手作りであることを説明しなくてはならないほど完成度が高い、というのも変ですが、

実は機械が作っているのではなく、人の手によるから出来る、作りながらの確認など、

作家本人が目で見て触ってこそ確実に良いものが出来ると言うのが

工芸の世界なのだと思います。

 

 

お客さまのなかにインターネットで見て、インスタグラムで見て、

と言う方が増えて来たことは注目に値します。

時代はとっくにそういう風になっているんですね。

ギャラリーもいろいろ対応を迫られています。

 

来年もまた、森と風を開催出来ることを嬉しく思います。

毎年少しずつ揃えていきたい、とおっしゃる方もいらっしゃいますし、

この作品展をすることは、アトリエ木里の誇りでもありますから。

 

 

 

 

 

 

2017.04.28 Friday|-|by アトリエ木里


小さな花入れがすてき

花器だけでなく、デミタスやマイグラスにも花を生けてみると、食卓が一気に春らしくなります。

花はテラスの鉢植えから少しもらって生けるのが似合います。

 

静風舎の白磁の小さな花入れはいっそう花が引き立ちます。

 

森と風は明後日まで。ぜひアトリエ木里でご覧下さい。

2017.04.21 Friday|-|by アトリエ木里


本日20日(木)はアトリエ木里は定休日です。

木曜は基本的にお休みとさせて頂いています。

どうぞ、お間違えのないように。

明日からの金土日の三日間は、いつも通り営業しています。

どうぞ,最後の三日間にお出かけ下さい。

お待ちしています。

2017.04.20 Thursday|-|by アトリエ木里



profile

selected entries

archives

links

search this site.

others